“新しい”教職大学院とは

今日,様々な専門的職種や領域において,大学院段階でより高度な専門的職業能力を備えた人材の育成が求められています。こうした社会のニーズに応えるべく本学教職大学院では,幅広い視点からの問題分析能力・対応力・解決力を有し,学校や地域で指導力を発揮できる教員,および実践的対応力に優れた新人教員の育成を目的にしています。

平成25年度から教職大学院をリニューアルしました。
新人教員および若手教員からベテラン教員まで,幅広いキャリアに応じた教職の専門性が高められます。各コースの目的は,次のとおりです。
生徒たち
教職実践力高度化コース

若手教員からベテラン教員まで学校・地域で輝く教員をめざして

学校におけるニューリーダー,ミドルリーダー,リーダーの教員として,教職経験に応じた指導力,教職の実践的専門知識とスキルを深化させるとともに,学校における課題に対応する実践力を確実に高めることをねらいとします。

教員養成特別コース

ルーキーを超えた実践力ある新人教員をめざして

多用な児童の実態を理解し,適切に対応しうる資質能力,授業を構想・展開・省察しうる資質能力,学級集団を適切に形成・運営する資質能力を備え,意欲的に教職に取り組むことができる実践力を高めることをねらいとします。

“新しい”教職大学院の概要

リニューアル後の教職大学院のウェブページについてはこちらをご覧ください。