人命救助に貢献した学生と懇談(平成29年2月16日(木))

 

 2月5日(日),徳島市内の川で溺れかけていた高齢の男性を,本学大学院生1人を含む学生たちにより救助されたというニュースが地元紙(徳島新聞)で取り上げられました。
 この救助に携わった本学大学院生の森本大智さん(幼年発達支援コース)と,2月16日(木)に学長室で懇談しました。救助に際し,学生の1人が持っていたビニール袋を浮き輪代わりにして,消防の救助が来るまでの時間を繋いだそうです。このひらめき,機転は素晴らしいと感心しました。

 

面談1.jpg 面談2.JPG

右から田中副学長(学生支援担当)

    森本大智さん

    私

森本さんと懇談