新たな時代、新たな教育のための改革

 鳴門教育大学は「教師教育のリーダー大学」として様々な改革に取り組み,鳴門・徳島を拠点に,四国,日本,世界へと活動を展開してきました。そして,他大学に先駆け大学院の大改革を行い,2019年(平成31年)度に「鳴教大モデル」と称される大学院教育をスタートさせます。

(新しく生まれ変わる修士課程,専門職学位課程(教職大学院)の概略は,「新しい修士課程ってどんなとこ?」,「新しい教職大学院ってどんなとこ?」をご覧ください。)
 しかし,制度やカリキュラムは変わっても,本学の基本方針は変わりません。それは,「専門性」「共感性」「社会性」「実践力」を大切にし,それらを統合した「人間的魅力がある教師(教育関係者)」の養成に努めるということです。
 大学を卒業してすぐの人,現職教員,社会人,留学生,全国さらには海外から多くの人たちが,より良い教育を目指して,このキャンパスに集まってきます。様々な交流や出会いを経験することにより,教師やカウンセラーなど教育に携わるものとして,そして何より人間として成長されることを願っています。
 私も,皆さんとの出会いを心待ちにしています。

画像の説明

 

 

 

 

 

 

鳴門教育大学長
    山下 一夫

 新しい大学院修士課程ってどんなとこ?  新しい教職大学院ってどんなとこ?

お問い合わせ

経営企画部企画課
電話:088-687-6012