本文へスキップ

ご質問等ございましたら、事務局まで ご連絡ください

TOPICS

  • 日本ペスタロッチー・フレーベル学会 第35回大会開催のお知らせ

    日本PF学会第35回大会は、小川哲哉大会実行委員長のもと、茨城大学を会場校として、下記の日程で開催されます。

    大会校:茨城大学
    日 時:2017年9月9日(土)、10日(日)

    第35回大会プログラム(pdf:281KB)
  • 200th anniversary of Froebel’s school in Keilhau

    Froebel’s schoolの200年記念会議が下記の日時に行われましたので、お知らせいたします。

     開催期日:2017年4月22日(土)
     場  所:カイルハウ フレーベル自由学校

    詳細はこちらのPDF(779KB)
    または、国際フレーベル学会のHPをご覧ください。
  • ベルリン森鷗外記念館 特別展 基調講演

    小笠原会員と木内会員がベルリン森鷗外記念館から招待され、ベルリンのフンボルト大学で基調講演をされました。

    『子供の天国』外国人の目から見た明治日本の子供生活」
    日 時:平成28年10月19日
    場 所:フンボルト大学(Humboldt-Universität zu Berlin, Unter den Linden 6)

    小笠原道雄名誉教授(Prof. Dr. Dr. h.c. Michio OGASAWARA, Hiroshima)
    「明治期における日本のフレーベル受容」
    Rezeption der Ideen Friedrich Fröbels im Japan der Meiji-Zeit

    木内陽一教授(Prof. Dr. Yôichi KIUCHI, Naruto)
    「日本における『母の歌と愛撫の歌』(1844)」
    Fröbels "Mutter- und Koselieder" (1844) auf Japanisch

    詳しくは、ベルリン森鷗外記念館特別展HPをご覧ください。


  • 日本学術会議からのお知らせ
    日本学術会議から次の案内がきていますのでお知らせします。

    日本学術会議主催学術フォーラム「中高生と考える『Future Earthと学校教育』」の開催について(ご案内)

    日時:平成29年9月3日(日)13時00分~17時00分
    場所:日本学術会議講堂
    主催:日本学術会議
    開催趣旨:持続可能な社会を目指す国際プログラムFuture Earthでは、科学と社会の協働によるCo-design, Co-productionの推進が強く求められています。 そのFuture Earthの理念を具体化する学校教育はどのように進めればよいのでしょうか。 本学術フォーラムでは、研究者および学校の教員と生徒が、学校で取り組むべき地球環境問題の事例及び取り組みの実践例、成果、課題などについて報告し、それらを基に、Future Earthに関わる学校教育の課題、科学と学校教育とのつながりの強化及びそれと関連する問題の克服などについて皆で考えます。 中学生以上なら誰でも参加し、発言できます。

    定員:先着250名(参加費 無料)
    ・お申込み:下記サイトの申込フォームよりお申込みください。
    (8月8日(火)~9月1日(金)17時)
    https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0067.html
    定員になり次第締め切らせていただきますので、御了承ください。
    アクセス:東京メトロ千代田線「乃木坂駅」下車、5番出口(青山霊園方面)より徒歩1分
    問合せ先:
     日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
     〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
     電話:03-3403-6295


    日本学術会議九州・沖縄地区会議学術講演会『「明治維新150年~幕末・維新期における佐賀藩の「ひとづくり」「ものづくり」』の開催について(ご案内)

    ◆日時 平成29年8月24日(木)14:00~16:10
    ◆場所 佐賀大学本庄キャンパス 理工学部6号館1階講義室(佐賀市本庄町1)

    日本学術会議九州・沖縄地区会議は、8月24日(木)に佐賀大学と共催で学術講演会を開催します。 幕末・維新期における佐賀藩は、国内のみならず世界に誇れる高い技術力を持ち、優秀な人材を多く抱え、日本の近代化をリードしていました。 平成30年(2018年)に明治維新150年を迎えるにあたり、当時の佐賀藩の最先端の技術力等を紹介し、社会の改革に及ぼした先進的な技術等について講演します。

      ※詳細は以下をご覧ください。(日本学術会議HPにリンク)
     http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/244-s-0824.pdf
    【問合せ先】
     佐賀大学 学術研究協力部 研究協力課  TEL:0952-28-8401


    平成30年9月開催「第4回世界社会科学フォーラム(WSSF2018)」の開催とセッション公募について

    会議名:第4回世界社会科学フォーラム(WSSF2018)
    会 期:平成30年9月25日(火)~9月28日(金)[4日間]
    会 場:福岡国際会議場(福岡市)
    テーマ:Main theme: “Security and Equality for Sustainable Futures”
    持続可能な未来のための生存・安全の確保と平等

    サブテーマ:
     1.Sustainability and security
     2.Cybersecurity, cyberattacks, hybrid warfare
     3.Human security
     4.Security and the 2030 Agenda
     5.Globalization, diversity, and cultures of belonging
     6.Development and inclusion in urban and rural areas
     7.Gender equality and security
     8.Health, safety and biosecurity
     9.Freedom, democracy and security 

    主催:International Social Science Council(ISSC),国立大学法人九州大学

    スケジュール:
     ・セッション公募   平成29年 6月 1日~9月1日(〆切予定)
     ・採択セッション発表 平成29年11月30日 (予定)
     ・ペーパー公募    平成29年12月 1日~平成30年3月1日(予定)

     なお、この会議は、日本学術会議との共同主催となる予定です。

    ※内容等の詳細は以下のホームページをご参照ください。
    ○WSSF2018公式ホームページ(http://www.wssf2018.org
    〇WSSF2018セッション公募要項
    (http://www.wssf2018.org/call-for-session-proposals.html)
    【問合せ先】WSSF事務局(九州大学本部第一庁舎内)
    (Tel:092-642-2257、Mail:wssf2018@jimu.kyushu-u.ac.jp)
  • 第7回 国際フレーベル学会
    International Froebel Society 7th Biennial Conference


    2016年6月23日~25日、Lutheran Froebel Training Institute(カッセル)に於いて開催されました。
    www.ifsfroebel.com



バナースペース

日本ペスタロッチー・フレーベル学会
<事務局>

〒739-8524
東広島市鏡山1丁目1-1
広島大学大学院教育学研究科
鈴木由美子研究室気付

TEL/FAX 082-424-7187(直)