教員養成特別コース紹介

大学アーチ.jpg
院生による専攻・コース紹介を、インタビュー形式で紹介しています。
 

  

H28_018_ta.png

高度学校教育実践専攻
教員養成特別コース

髙橋 彩さん
平成28年度入学

 

踏み込んだ話し合いが出来る仲間を持てたことや、個々の目標に向かってお互いに励まし合える仲間を持てたことを、私は幸せに思います。

平成29年3月収録

 
髙橋さんの合格のための秘訣を教えてください。
 合格のための秘訣は、「なぜ鳴門教育大学に入学したいのか」という理由を明確に持つことだと思います。理由を明確に持つために、私はマインドマップを作成していました。そして、マインドマップから明らかになった理由を、文章に書いてみたり、人に聞いてもらったりしていました。「大学院の試験に合格するためには、難しい志望理由が必要だ。」と考えている方もいるかもしれません。そんなに難しく考えずに、「こんな教師になりたい!」「こんな授業がしてみたい!」と自分の理想について考えてみてください。それが、あなたの鳴門教育大学大学院に入学する理由の第一歩になるはずです。

 

教員養成特別コースの魅力を教えてください。
 私が所属している教員養成特別コースは、学級経営、生徒指導、授業実践に関する深い議論を学ぶことが出来ます。1年次の前期授業では、教育に関する理論を学びます。1年次の後期に入ると、附属小学校・中学校で1カ月の実習を行います。この実習は、前期の授業で取り入れた理論を実践することが出来ます。この実習を通して自身の課題も明らかにしていきます。そして、2年次の前期・後期を合わせた長期の実習の中で、自身の課題に取り組んでいきます。自身の課題と正面から向き合える長期の実習は、このコースの魅力の1つです。
 また、教職実践力高度化コースに所属している現職の先生方と関わりが強いため、今の教育現場での実態を踏まえた理論の実践をすることができます。

 

教員養成特別コースに進学した動機・きっかけは?
 私が大学院進学を志望した理由は、算数が得意な子も苦手な子も達成感を持つことができ、次も頑張ってみようという意欲を生み出せる授業をするための単元構想について研究したいと考えたからです。また、多くの教職大学院の中から鳴門教育大学進学を志望した理由は、パンフレットやホームページから長期の実習があるということや授業実践に力を入れているという情報を知り、今自分がやりたいことに適した大学院であると感じたからです。

 

入学しての本学の印象はどうでしたか?
 少人数制なので、一方的な講義形式の授業よりも1人1人の意見を大切に深めていく、話し合いの活動を取り入れた授業が多いと感じました。話し合いの中では、コースのメンバーが「何を考えているのか。」ということを深く知ることが出来ます。そして、授業の回数を重ねるごとに、個々の結びつきが強くなっていることを感じました。踏み込んだ話し合いが出来る仲間を持てたことや、個々の目標に向かってお互いに励まし合える仲間を持てたことを、私は幸せに思います。

 

おすすめ授業科目について教えてください。
 「授業づくりのチーム演習」という授業です。この授業では、教員養成特別コースの学部卒と教職実践力高度化コースの現職の先生方がグループになって模擬授業を行います。現場経験が豊富な現職の先生方から、大学院を修了して現場に出た時に生かせる知識や技術を学ぶことが出来ます。また、学部卒同士でお互いの授業の意見交換も出来るので、自分自身で気付かなかった課題を見つけることが出来ます。今の自分にないものをたくさん得ることが出来る、おすすめの授業です。

 

本学大学院への進学を検討している人にアドバイスをお願いします。
 大学院生活の中では、「自分は○○についてどう考えているか。」という自分に対する問いかけをする場面が多くあります。今のうちから、「この問題について自分はどう考えているのか。」と自分の意見を持つ習慣をつけると良いと思います。また、今の教育問題や児童生徒の実態を、文部科学省のホームページや教育雑誌・新聞などから、情報を集めておくことも自分の意見を持つ良いきっかけになると思います。
 
髙橋さんの1年次前期の時間割(平成28度)
時限
教科等指導等の事例研究 学習指導要領と教育課程 教職基礎力開発演習Ⅰ   授業の理論と実践
教科カリキュラムの構成と理論 カリキュラムマネジメントの理論と実践   学級経営の理論と実践 生徒指導の理論と実践
        学級経営の実践方法論
教育評価の理論と実践 授業実践研究Ⅰ      
         

集中講義:学校組織マネジメントの理論と実践

通年講義:小中学校の生徒指導とキャリア教育、チーム総合演習、授業づくりのチーム演習

 

大学院授業科目    
学部授業科目

 

お問い合わせ

教務企画部入試課入試広報係
電話:088-687-6135