教職実践力高度化コース紹介

入学式風景(講堂の中)
院生による専攻・コース紹介を、インタビュー形式で紹介しています。
 

 

H28_017_tt.png

高度学校教育実践専攻
教職実践力高度化コース

滝浪 貴史さん
平成28年度入学

京都教育大学教育学部 出身

静岡県高等学校教諭

 

前向きな気持ちを持った仲間の存在も自分に大きな力を与えてくれています。

平成29年3月収録

 
滝浪さんの合格のための秘訣を教えてください。
 自分を見つめ直す機会と捉え、これまで自分がどんなことをしてきたか、これから何をしていきたいのかを整理し、自分なりの教員としての在り方を語ることができるようにしておくことが大切です。学校の抱える課題を把握し、それに対して自分がどう学びどのようにアプローチしていきたいかを明確にしておくと良いと思います。

 

教職実践力高度化コースの魅力を教えてください。
 それぞれに経験を積んできた仲間と出会い、学卒院生を含め、年齢や校種を超えて本気で語り合う時間はかけがえのないものです。最新の教育に関する知見を学びながら、先生方からは様々な角度から今後の道標となるヒントを与えていただいています。学び合い、高め合い、次の学びにつなげていく、という学習サイクルをまさに自分たちが体感しています。

 

教職実践力高度化コースに進学した動機・きっかけは?
 県の教育委員会から進学のお話をいただきました。ここまで手探りで駆け抜けてきた教員生活において、一度立ち止まって自分を見つめる時間になると感じ、ぜひ行かせていただきたいと思いました。自分が今後ミドルリーダーとしてどのように考え行動していくべきかについても学びたいと思っていたので、大変良い機会を与えていただきました。

 

入学しての本学の印象はどうでしたか?
 入口に植えられたたくさんの木々と落ち着いた雰囲気の校舎に、この大学の環境の良さを感じました。入学してから様々な場面で「自己省察」という言葉を聞きます。学びながらこれまでの自分の経験を振り返り、価値づけていく、どの時間にもその自己省察があり、教職大学院ならではの学びの深さを実感しています。前向きな気持ちを持った仲間の存在も自分に大きな力を与えてくれています。

 

おすすめ授業科目について教えてください。
 「チーム総合演習」です。学校をつくろう、をテーマにチームごとに研究していきます。話の進め方も内容もすべて自分たちで考えていくので、たくさんの葛藤や省察が生まれます。グループがチームになっていく過程を体感し。自分たちが実現したい教育とは何か、を本気で考えることができました。異校種実習である「地域プロジェクトフィールドワーク」と連動して、今日的な教育の課題について現実的に考えていくことができるのも魅力のひとつです。

 

修了後のことについて。
 教職大学院で学んだことを還元したいと思います。還元の方法はひとつではありません。子どもたちに向けて、若手の先生方に向けて、学校に向けて等様々な角度から自分なりのアプローチをしたいと考えています。またここで出会えた仲間とのつながりは財産ですので、卒業後も機会を見つけて語り合いたいです。鳴門教育大学教職大学院で学んだ者として、学び続ける教員の姿を自分自身が表現していきたいと思います。
 
滝浪さんの1年次前期の時間割(平成28年度)
時限
  同僚性の構築とリーダーシップ

 スタカリ部

(有志による自主研修)

ワークショップ型研修の技法 授業の理論と実践
学校アセスメント演習 進路指導・キャリア教育の理論と実践
教科カリキュラムの構成と理論 カリキュラムマネジメントの理論と実践  スタカリ部

(有志による自主研修)

学級経営の理論と実践 生徒指導の理論と実践
校種間接続カリキュラム構築の理論と実践 学校の危機管理の実践と課題 支援を要する子どもの理解と指導 教育相談の理論と実践
  教育課程論(聴講)   チーム総合演習  
教育評価の理論と実践     授業づくりのチーム演習  
         

 集中講義:学校組織マネジメントの理論と実践、地域プロジェクトフィールドワーク

大学院授業科目    
学部授業科目

 

お問い合わせ

教務企画部入試課入試広報係
電話:088-687-6135