自然系コース(数学)紹介

授業風景:自然系コース(数学)
院生による専攻・コース紹介を、インタビュー形式で紹介しています。
 

  

H28_009_ma.jpg

教科・領域教育専攻
自然系コース(数学)

松浦 愛実さん
平成27年度入学

西日本工業大学工学部 出身 (学校教員養成プログラム受講生)

 

授業中に飛び交う意見は多種多様で、どれも自分にはない考えばかりだったため、とても刺激的でした。

平成29年3月収録

 
松浦さんの合格のための秘訣を教えてください。
 鳴門教育大学のウェブサイトや大学院説明会等で、過去の試験の内容を確認することができるので、そこで問題に目を通し、傾向を把握することが合格の秘訣だと思います。試験問題は【数学の分野】と【数学教育の分野】の2つの内容から1つを選択します。筆記試験の他には、面接の試験も行われます。面接試験では、大学で研究した内容と大学院で研究したい内容をしっかり伝えることができるように準備しておくと良いと思います。

 

自然系コース(数学)の魅力を教えてください。
 先生方と学生との距離が近い点が1番の自然系コース(数学)の魅力です。先生方はいつでも親身になって、私たち学生の疑問や悩みの相談にのってくれます。現場の経験や数学を極められた先生方のアドバイスは、自分にない考え方をたくさん発見できます。他にも、学生間の中が大変良いことも魅力の1つです。コース対抗のスポーツ大会をみんなで頑張ったり、授業について考えを伝え合い、互いに数学・数学教育への考えを深め合ったりする毎日です。やりたかった研究をとことん考えたり、数学教育を学びに来られている海外の方々とも交流できたりと沢山の魅力があります。

 

自然系コース(数学)に進学した動機・きっかけは?
 私は、大学時代は数学教育とは少し離れた工学部に所属していました。中学校数学と高校数学の免許は取得することができたのですが、小学校の免許を取得したいと考えていました。大学では数学教育について研究を行っていましたが算数教育についても深く研究したいと思っていました。そこで、研究室の先生から鳴門教育大学大学院を紹介してもらい、小学校免許を取得すると共に、算数・数学教育の研究ができる環境に惹かれたため大学院進学を決意しました。

 

入学しての本学の印象はどうでしたか?
 授業のほとんどが教育に関する内容だったため、私は授業に大変充実感がありました。私が所属する自然系コース(数学)には、工学部、理工学部、経済学部、外国語学部、法学部、教育学部、農学部と様々な分野で学んできた学生がいます。そのため、授業中に飛び交う意見は多種多様で、どれも自分にはない考えばかりだったため、とても刺激的でした。

 

おすすめ授業科目について教えてください。
 私がおすすめする授業は【教育実践フィールド研究】と【数学科教育学演習】です。【教育実践フィールド研究】では、私たちの学年は「算数・数学を学び続ける子どもを支えるための授業」について、班に分かれて研究を行いました。児童に身につけさせたい力について考えていくことは難しかったですが、協力して授業作りを行えたことは、自分の力になったと思います。また実際に作った授業を附属小学校で行い、その後論文作成も行います。【数学科教育学演習】では、現在の数学の課題について考え、班で解決方法を研究する授業です。理論に基づいた授業作りという経験は初めてで、戸惑うこともありましたが、先生のアドバイスもあり、数学の本質を考えることができる授業が作れました。

 

大学院修了後について。
 私は、大学院修了後は、出身県である福岡県で、小学校の教員になりたいと考えています。そのため、今は教員採用試験の勉強に励んでいます。大学院では、教員採用試験の対策を行ってくれる教採ガイダンスがあり、そのガイダンスを活用して勉強をしています。他にも、教員になってからも今行っている研究は進めていきたいと考えています。
 
松浦さんの1年次前期の時間割(平成27年度)
時限
    初等国語科教育論    
    初等理科教育論 体育科教育論  
  教育課程論   初等家庭 カウンセリング論
生活 算数     図画工作Ⅰ
特別活動指導論       小学校英語教育論

 集中講義:ふれあい実習

 

大学院授業科目
学部授業科目

 

お問い合わせ

教務企画部入試課入試広報係
電話:088-687-6135