家庭科教育コース紹介

おすすめメニュー
学部生による専修・コース紹介を、インタビュー形式で紹介しています。
 

  

H29 家庭 戸石さん

家庭科教育コース

戸石 遥香さん
平成28年度入学

 

家庭科教育コースでは、家庭生活や家族、食生活、衣生活、住生活消費、環境といった家庭科に関する幅広い知識身につけることができます。家庭科教育コースの最大の特徴は他のコースより早い時期から模擬授業をたくさんすることです。より早くより多く模擬授業経験を積むことで、実践的な力を伸ばすことができます。現職の先生に模擬授業を見てもらったり、お話を聞いたりする機会もあるので勉強になります

平成29年7月収録

 
あなたの思う鳴門教育大学の魅力を教えてください。
 鳴門教育大学には、先生になりたいというもつ学生たくさんいます。周りから良い刺激を受けて、高い意識のなかで勉強をすることができると思います。また少人数の大学なので、人との関わりが強く、同学年だけではなく先輩や後輩、先生方とも濃い人間関係を築くことができます

 

学びの特長や醍醐味は?
 鳴門教育大学では、1年生から子どもとふれあう実習に行くことができます。県外の小学校に行かせてもらって自分たちで考えたゲーム児童に英語を教えたり、附属小学校や中学校、特別支援学校授業の様子を観察したり、地域の幼稚園に行かせてもらって幼児遊んだり、作業をしたり、幼稚園の先生方にお話を聞かせて頂いたりします。1年生から観察だけでなく子どもとふれあう実習たくさんできるというのはとても貴重なことで、とて良い経験になります

 

高校時代と現在、自分自身で変わったと感じる所はありますか?
 学生宿舎住んでいるのでほとんど毎日お料理や洗濯などの家事自分するようになりました。自分のまわりのことをするので、高校時代よりしっかりしてきたと実感しています。家事は楽しいですが、大変な部分が多いので、今まで自分のために家族が家事をしてくれていたのは本当にありがたいことだと改めて感じました。学生宿舎では友達と一緒にお料理して食べなど、高校時代とは違って日常生活で友達と一緒に過ごす時間が多くな、充実した日々を送っています

 

将来の夢を教えて下さい。
 将来の夢は地元で高校の家庭科の教師になることです。クラス担任になることや部活指導進路指導など、やりたいことがたくさんありま私は今までお世話になった先生方から社会で生きていくために大切なことをたくさん学ばせて頂きました。同じ教師という職業通じて先生方に教えて頂いたことや私自身の経験のなかで大切だと思ったことを子どもたちに伝えていきたいです

 

受験生にメッセージをお願いします。
 受験で一番大切なのは体調管理だと思います。食事や睡眠をしっかりとらないと勉強したこと頭に入らないので、質の良い勉強になりません。効率よく勉強できるように食事や睡眠をしっかりとってください。万が一無理をしすぎて体調崩してしまったら、焦らずゆっくり休んで早く治すように努めてください一日一日のベストを尽くせるように、自分の体を常に気にかけてあげてくださいね

  

お問い合わせ

教務企画部入試課入試広報係
電話:088-687-6135