社会科教育コース紹介

授業風景:社会系コース
学部生による専修・コース紹介を、インタビュー形式で紹介しています。
 

  

H29 社会 植木さん

社会科教育コース

植木 優花さん
平成27年度入学

 

社会科教育コースでは日本史や外国史・地理学・法律学・経済学などさまざまな分野についてさらに深く学習し、それぞれ自分が理想とする社会科教員になるために日々励んでいます。高校までの学習と比べ、より実践的で専門的な学習ができ、社会科を学ぶ意義や面白さを学ぶことができます。社会科の魅力を子どもたちに伝えることができる教員をともに目指してみませんか?

平成29年7月収録

 
あなたの思う鳴門教育大学の魅力を教えてください。
 鳴門教育大学の魅力は、他大学に比べ大学の規模が小さいため、少人数で受けることが出来る授業が多いところだと思います。先生方やほかの学生と意見を交わしたり、疑問に思ったことを気軽に質問したりすることができる雰囲気なので、より自分の学びを深めることができるのではないでしょうか。

 

学んだことで関心が深まった授業は?
 地理学関連の授業です。高校で地理を選択していない人も少なくないため、はじめは地理分野への抵抗がありました。しかし大学での学びから、地理をより身近な教科に感じるようになりました。フィールドワークや調べ学習、地図を使ったより実践的な学びを通して、地理の面白さはもちろん、子どもたちに地理を教える上で必要な力を身につけることができるのではないかと思います

 

高校時代と現在、自分自身で変わったと感じる所はありますか?
 大学では高校までと違い、自分で考えて時間割を組んでいくため、空き時間ができます。空き時間には勉強をしたり、部活に取り組んだり、アルバイトをしたり、とそれぞれの学生が思い思いの過ごし方をしています。私自身も空いた時間を有効活用し、部活動や勉強に取り組んでいます。学びたいことや取り組みたいことを自ら選択し、積極的にチャレンジできることも、大学生活の良いところだと感じます

 

在学中に「これだけはやっておきたい!」事はありますか?
 大学での講義を通して、社会科の教員を目指す者として、授業や話の中で使えるネタ、引き出しをたくさん持っていることが重要であると実感しました。そのため、空き時間も多い大学生のうちに様々な場所を旅行し、積極的に自分の引き出しを増やしていきたいと考えています。日本各地はもちろんのこと、海外にも足を運び、自分の目や耳でそれぞれの場所の魅力を感じ取っていきたいです。

 

受験生にメッセージをお願いします。
 受験生の皆さん、受験に向けての勉強は厳しいことも多く、上手くいかない面も沢山あるかと思います。私自身も成績が伸び悩み、苦しい思いをした時期がありました。しかし諦めずに頑張れば、その努力が報われるときが訪れます。最後まで一生懸命取り組めば、きっとその先に楽しいことや嬉しいことが沢山待っています。自分を信じて頑張ってください

お問い合わせ

教務企画部入試課入試広報係
電話:088-687-6135