教員情報データベース

TOP 検索結果
氏名 高橋 眞琴
氏名(ふりがな) たかはし まこと
ローマ字表記 TAKAHASHI Makoto
職名 准教授
所属教育部 基礎・臨床系教育部
所属コース 特別支援教育専攻
TEL 088-687-6489
FAX 088-687-6489
E-mail mtakahashi@naruto-u.ac.jp
個人サイトURL http://researchmap.jp/read0146729
学位 修士(学術)(神戸大学)
博士(教育学)(神戸大学)
現在の研究分野(キーワード) 教育学、特別支援教育
現在の研究分野(概要) 社会や環境との相互作用によって生じるディスアビリティとそれらをめぐる人間の生涯発達に研究関心があり、
特に、地域連携を基盤とした発達支援が中心的な分野となっています。
➢Multisensory Teaching Method
➢インクルーシブ教育の比較研究(特に、英米)
➢特別支援教育関連フィールド(学校、放課後児童健全育成事業、児童発達支援、ボランティア活動 等)
における教員・支援者の専門性に関する研究
➢障害のある研究者や子どもとの参加型研究(participatory research)
などを行っています。内容は、上記個人サイトURLからご確認ください。
主要担当授業科目 (学部) 特別支援教育実習
(大学院) 課題研究Ⅰ
(大学院) 課題研究Ⅱ
(学部) 特別支援教育観察実習
(大学院) 特別支援教育学研究論Ⅰ
(大学院) 特別支援教育課程特論演習
(学部) 障害児教育概説Ⅰ
(学部) 知的障害教育Ⅱ 
所属学会 障害学会
日本福祉教育・ボランティア学習学会
日本社会教育学会
日本発達心理学会
日本特殊教育学会
日本LD学会
日本協同教育学会
日本教育社会学会
学会及び社会における主な活動 (公財)兵庫県人権啓発協会研究推進委員(2010年7月~2011年3月まで)
徳島県高等学校人権教育特別支援教育部会研修会講師(2013年10月)
徳島県高等学校教育研究会特別支援教育学会(交流及び共同学習)研究助言(2014年7月)
兵庫県肢体不自由教育研究協議会教務部会研修会講師(2013年11月,2014年11月)
平成28年度徳島県総合教育センター特別支援教育巡回相談員研修会講師(2016年4月)
平成27年度, 平成28年度、平成29年度徳島県教育委員会教育職員免許法認定講習(特別支援教育の基礎理論)担当
(2015年7月、2016年7月, 2017年7月)
平成27年度徳島県教育委員会教育職員免許法認定講習(肢体不自由児の教育課程・指導法)担当(2015年8月)
平成28年度徳島県教育委員会教育職員免許法認定講習(知的障がい児の教育課程・指導法)担当(2016年8月)
平成29年度徳島県教育委員会大学・研究機関研修「海外のインクルーシブ教育実践」講座担当(2017年7月)
平成29年度徳島県教育委員会教育職員免許法認定講習(肢体不自由児教育総論:心理、教育課程、指導法分野)担当(2017年8月)
平成29年度徳島県教育委員会教育職員免許法認定講習(知的障がい児教育総論:心理、教育課程、指導法分野)担当(2017年8月)
スヌーズレン教育・福祉研究編集委員(~現在に至る)
ISNA日本スヌーズレン総合研究所  資格認定委員会(スヌーズレン専門支援士)副委員長
学術関係の受賞状況
(公財)消費者教育支援センター シティ・サクセス・ファンド受賞(2008年7月)
平成21年度 兵庫自治学会研究発表大会 優秀発表者賞(2010年3月)
(公財)日本教育公務員弘済会兵庫支部 教育研究論文 優秀賞(2012年9月)
第5回関西教育学会教育実践研究賞(2015年11月)
主要研究業績 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要, 特別な教育的ニーズに関わる支援者の態度形成―英国マンチェスター地区実態調査からの考察―, 共著, 第2巻第2号83頁‐92頁, 2009

日本福祉教育・ボランティア学習学会 研究紀要, コーホート別に分析した福祉教育の成人学習者像―障がいのある人との「関わり」の経験と障がい観の形成を中心として―, 単著, Vol.15 5頁‐14頁, 2010
LD研究, 発達障害のある子どもたちへのインフォーマルな「居場所づくり」の取り組みについて―ボランティアと子どもたちとの関わりを通して―, 単著, 第19巻・第2号・71頁‐80頁, 2010

特殊教育学研究, 重度・重複障害のある子どもに対するピア・モデルに基づく学習の効果―運動感覚とコミュニケーションに焦点を当てて―, 単著, 第49巻第4号395頁‐404頁, 2011

―複数の障害種に対応する―インクルーシブ教育時代の教員の専門性, , 単著, ジアース教育新社, 2016
重度・重複障がいのある子どもたちとの人間関係の形成, , 単著, ジアース教育新社, 2016
知的障がい教育と社会モデル ―文化に根ざした教育を考える―, , 単著, ジアース教育新社, 2016
過去5年間の研究業績 Tina Cook,John Swain and Sally French(2001)'Voices from Segregated Schooling:towards an inclusive education system'.Disability & Society,16:2,pp.293-310,Taylor & Francis.=ティナ・クック/ジョン・スウェイン/サリー・フレンチ「分離教育からの声―インクルーシヴ教育制度に向けて」『ディスアビリティ現象の教育学―イギリス障害学からのアプローチ』堀 正嗣 監訳,pp.148-174, , 単訳, 現代書館, 2014
Wayne Veck(2012):'Reflecting on attention-deficient hyperactivity disorder and disablement in education with Eric Fromm'.Disability & Society, 27:2, pp263-275,Taylor & Francis.=ウエイン・ベック「エーリッヒ・フロム思想から見る注意欠陥多動性障害と教育における障害化」『ディスアビリティ現象の教育学―イギリス障害学からのアプローチ』堀 正嗣 監訳,pp.230-250, , 単訳, 現代書館, 2014

関西教育学会研究紀要, 特別支援学校におけるリハビリテーション専門職の配置と教師役割―二重の専門性による教職把握に向けて―, 共著, 第15号・65頁‐79頁, 2015

―複数の障害種に対応する―インクルーシブ教育時代の教員の専門性, , 単著, ジアース教育新社, 2016
重度・重複障がいのある子どもたちとの人間関係の形成, , 単著, ジアース教育新社, 2016
知的障がい教育と社会モデル ―文化に根ざした教育を考える―, , 単著, ジアース教育新社, 2016
教育実践学論集, 視覚障害児のインクルーシブ教育における支援の組織化―視覚障害教育の教材供給における論点整理のために―, 共著, 第17号、pp.93-105, 2016
Physiology & Behavior, Serotonin release in the subfornical organ area induced by sodium and water intake in the rat, 共著, Volume 164, Part A pp.123-128, 2016
Neuroscience Letters, GABAergic modulation of serotonin release in the rat subfornical organ area, 共著, Volume 630 ,114-119, 2016

Experimental Brain Research, Noradrenaline receptor mechanisms modulate the angiotensin II-induced water intake in the subfornical organ in rats, 共著, 235, pp.833-839 , 2017
Brain Research Bulletin , Glutamatergic modulation of noradrenaline release in the rat median preoptic area, 共著, Volume 130, pp.36–41, 2017
NeuroReport, GABAergic modulation of noradrenaline release caused by blood pressure changes in the rat median preoptic area, 共著, 28(9), 2017
日本福祉教育・ボランティア学習学会研究紀要, 知的障がいのある人のセクシャルライツとボランティア学習-現状とその意義-, 共著, Vol.29, pp.110-123, 2017