教員情報データベース

TOP 検索結果
氏名 田中 大輝
氏名(ふりがな) たなか だいき
ローマ字表記 TANAKA Daiki
職名 講師
所属教育部 人文・社会系教育部
所属コース 言語系コース(国語)
TEL 088-687-6331
FAX 088-687-6331
E-mail dtanaka@naruto-u.ac.jp
学位 2003年3月 修士(文学)(九州大学)
2009年3月 博士(文学)(九州大学)
学位論文題目 日本語の量化詞のスコープ解釈について(修士論文)
連接名詞句のスコープと文の意味理解モデル(博士論文)
経歴 平成15年3月 ヒューマンアカデミー福岡校日本語教師養成講座非常勤講師(平成19年12月まで)
平成16年3月 ヒューマンアカデミー北九州校日本語教師養成講座非常勤講師(平成20年1月まで)
平成20年2月 オタゴ大学(ニュージーランド)日本語学科ティーチング・アシスタント(平成20年10月まで)
         同リサーチ・アシスタント(平成20年9月まで)
平成20年11月 中華大學(台湾)人文社會學院外國語文學系日本語文學組講師(平成21年5月まで)
平成21年5月 中華大學(台湾)人文社會學院外國語文學系日本語文學組助理教授(平成22年1月まで)
平成22年2月 中華大學(台湾)人文社會學院應用日語學系助理教授(平成24年7月まで)
平成24年10月 鳴門教育大学大学院学校教育研究科言語系コース(国語)(現在に至る)
現在の研究分野(キーワード) 言語学,日本語学,日本語教育学
現在の研究分野(概要) ・現代日本語の名詞表現の記述的研究(Aサエ,Aモ,AヤBなど)
・統語論と意味論のインターフェイス(量化表現の作用域と意味解釈)
・言語使用者による知識の蓄積・整理・統合のメカニズムのモデル化
・日本語学習者が"正しく"使えるようになるための日本語動詞学習辞典の開発
主要担当授業科目 (大学院) 課題研究Ⅰ
(大学院) 課題研究Ⅱ
(学部) 初等中等教育実践基礎演習
(大学院) 日本事情・日本文化
(学部) 日本事情・日本文化
(大学院) 日本語Ⅲ
(大学院) 日本語文法演習
(大学院) 日本語語彙論
(大学院) 教育実践フィールド研究(国語科)
(大学院) 日本語教育実習
(大学院) 日本語文法研究
(大学院) 日本語Ⅰ
(大学院) 言語習得・発達論
(大学院) 日本語音声表現研究 
所属学会 平成21年5月 日本言語学会(現在に至る)
平成21年11月 台湾日本語文学会(現在に至る)
平成21年12月 関西言語学会(現在に至る)
平成24年6月 日本語教育学会(現在に至る)
平成24年10月 日本語文法学会(現在に至る)
平成24年10月 鳴門教育大学国語教育学会(現在に至る)
主要研究業績 KLS, 田中 大輝 「量化表現のグループ解釈とスコープの局所性」, 単著, 第26号, pp.1-11, 2006

博士論文(九州大学), 田中 大輝 『連接名詞句のスコープと文の意味理解モデル』, 単著, , 2009

台灣日本語文學報, 齊藤 学,田中 大輝 「とりたて詞「も」を含む文の意味と文脈効果」, 共著, 第28號, pp.211-231, 2010
中華日本研究, 「とりたて詞サエの「意外性」再考」, 単著, 第2期, pp.35-51, 2010

台大日本語文研究, 田中 大輝 「日本語のとりたて詞サエの焦点と統語構造」, 単著, 第23期, pp.155-184, 2012

語文と教育, 「サエを含む文の意味表示」, 単著, 第27号・pp.130-146, 2013

鳴門教育大学研究紀要, 「サエを含む文の産出と理解」, 単著, 第29巻・pp.247-260, 2014
鳴門教育大学授業実践研究, 「生活者としての外国人に対する授業実践―日常生活に直結する日本語の習得を目指して―」, 共著, 第13号・pp.33-40, 2014

教育実践学論集, 西條 結人, 田中 大輝, 小野 由美子 「意見文課題における説得のアピールの日西対照研究-日本とスペインの学生の作文比較-」, 共著, 第16号, pp.95-107, 2015
鳴門教育大学授業実践研究, 「地域の特性を活かした生活密着型の日本語授業の実践―鳴門日本語教室をフィールドとして―」, 共著, 第14号・pp.51-58, 2015
語文と教育, 「顔見知りの相手に対する話題の切り出しについて―性別の違いと相手との関係性の違いに注目して―」, 共著, 第29号・pp.56-74, 2015

The Proceedings of the Sixth Japan-China Teacher Education Conference, 学生が求める「良い教師」の条件―日本の大学の外国語教育を事例として, 共著, 2015, 2016
中華日本研究, 「並立助詞「や」を用いた「A や B」の意味」, 単著, 第7期, pp.1-27, 2016
鳴門教育大学授業実践研究, 「徳島で暮らす外国人のための日本語教育―日本での生活をより安全に・豊かにするためには―」, 共著, 第15号,pp.47-56, 2016

鳴門教育大学研究紀要, 「正しく使えるための日本語動詞学習辞典の作成に向けて」, 共著, 第32巻・pp.333-347, 2017
鳴門教育大学授業実践研究, 「徳島で暮らす外国人日本語学習者への授業実践 ―生活・文化に親しむために―」, 共著, 第16号,pp.39-48, 2017
過去5年間の研究業績 語文と教育, 「サエを含む文の意味表示」, 単著, 第27号・pp.130-146, 2013
語文と教育, 「地域日本語教室における学習者のニーズに基づいた授業実践」, 共著, 第27号・pp.78-103, 2013

鳴門教育大学研究紀要, 「サエを含む文の産出と理解」, 単著, 第29巻・pp.247-260, 2014
鳴門教育大学授業実践研究, 「生活者としての外国人に対する授業実践―日常生活に直結する日本語の習得を目指して―」, 共著, 第13号・pp.33-40, 2014

教育実践学論集, 西條 結人, 田中 大輝, 小野 由美子 「意見文課題における説得のアピールの日西対照研究-日本とスペインの学生の作文比較-」, 共著, 第16号, pp.95-107, 2015
鳴門教育大学授業実践研究, 「地域の特性を活かした生活密着型の日本語授業の実践―鳴門日本語教室をフィールドとして―」, 共著, 第14号・pp.51-58, 2015
語文と教育, 「顔見知りの相手に対する話題の切り出しについて―性別の違いと相手との関係性の違いに注目して―」, 共著, 第29号・pp.56-74, 2015

The Proceedings of the Sixth Japan-China Teacher Education Conference, 学生が求める「良い教師」の条件―日本の大学の外国語教育を事例として, 共著, 2015, 2016
中華日本研究, 「並立助詞「や」を用いた「A や B」の意味」, 単著, 第7期, pp.1-27, 2016
鳴門教育大学授業実践研究, 「徳島で暮らす外国人のための日本語教育―日本での生活をより安全に・豊かにするためには―」, 共著, 第15号,pp.47-56, 2016

鳴門教育大学研究紀要, 「正しく使えるための日本語動詞学習辞典の作成に向けて」, 共著, 第32巻・pp.333-347, 2017
鳴門教育大学授業実践研究, 「徳島で暮らす外国人日本語学習者への授業実践 ―生活・文化に親しむために―」, 共著, 第16号,pp.39-48, 2017