教員情報データベース

TOP 検索結果
氏名 眞野 美穂
氏名(ふりがな) まの みほ
ローマ字表記 MANO Miho
職名 准教授
所属教育部 人文・社会系教育部
所属コース 言語系コース(英語)
E-mail mmano@naruto-u.ac.jp
学位 文学修士(言語学)(神戸大学大学院文学研究科)
学術博士(言語学)(神戸大学大学院文化学研究科)
学位論文題目 Study on Correlation between Predicate Types and Non-canonical Constructions. (修士論文)
Functional Typological Study on Non-canonical Constructions. (博士論文)
現在の研究分野(キーワード) 日英対照言語学、類型論、統語論
現在の研究分野(概要) 日英語を対象に、統語論・形態論の分野で研究を行っている。現在の研究課題は以下のとおりである。
・同格構造
・移動表現に関する第二言語習得研究
・数量表現
・外来語における形態素脱落現象
主要担当授業科目 (学部) 小学校英語教育論
(学部) 英語学研究Ⅱ
(大学院) 英語学研究Ⅱ
(大学院) 学習英文法演習Ⅰ 
所属学会 日本言語学会、日本英語学会、日本語文法学会、関西言語学会
学会及び社会における主な活動 日本語文法学会総務委員(2007-2010年)
主要研究業績 Proceedings of the 26th Pacific Asia Conference on Language, Information, and Computation, Mano, Miho "Compositional Mechanisms of Numeral Classifiers", 単著, 620-625, 2012

JSLS, 移動表現における第二言語学習者間の言語化傾向:日本語・英語・ハンガリー語を比較して, 共著, 103-106, 2013
日本言語学会第146回大会予稿集, 借用語における形態素脱落の実態:-ed/-ingの場合, 共著, 103-106, 2013
Abstracts Booklet of the 19th International Congress of Linguists, Exploring the Noun-classifier Continuum in Japanese, 単著, 426, 2013
日本語文法学会 第14回 大会発表予稿集, 同格名詞句の意味関係―固有名詞が含まれる場合―, 単著, 74-81, 2013

Proceedings of CLaSIC 2014, Miho Mano, Yuko Yoshinari, Kiyoko Eguchi "The effects of the first language on the description of motion events", 共著, 277-299, 2014
Miho Mano, Yuko Yoshinari, Eguchi Kiyoko "The effects of the first language on the description of motion events" CLaSIC 2014, 連名, 国際学会, National University of Singapore, 2014

中野弘三・服部義弘・小野隆啓・西原哲雄(監修)『英語学・言語学用語辞典』, , 共著・分担(編著・編集を含む), 開拓社, 2015
Yuko Yoshinari, Miho Mano, and Kiyoko Eguchi, Interlingual versus intralingual tendencies in second language acquisition: Expressing motion events in English, Hungarian, and Japanese PALA 2015, 連名, 国際学会, Ostfold University, Norway, 2015
移動表現に関わる中間言語研究と言語教育への対応:英語・日本語を対象に, 2015

福田嘉一郎・建石始(編)『名詞類の文法』, 「日本語同格名詞句についての一考察―固有名詞が含まれる場合―」, 共著・分担(編著・編集を含む), くろしお出版, 2016
Studies in Language Sciences, 吉成祐子・眞野美穂・江口清子・松本曜「第二言語における移動事象の言語化:日本語話者が用いる英語とハンガリー語の研究」, 共著, Vol. 15, 142-, 2016
『鳴門英語研究』, 眞野美穂「日本人英語学習者の移動表現についての予備的調査」, 単著, 26号・pp.223-236., 2016
第27回第二言語習得研究会(JASLA)全国大会予稿集, 吉成祐子・眞野美穂・江口清子「日本語学習者の使役移動表現―INTO経路を表す際の中間言語的特徴―」, 共著, pp.53-58, 2016
吉成祐子・江口清子・眞野美穂「イタリア語およびハンガリー語を母語とする日本語学習者の移動表現類型論から見た母語の影響」 2016念日本語教育シンポジウム・第20回AJEヨーロッパ日本語教育シンポジウム, 連名, 国際学会, Ca’ Foscari University of Venice, Italy, 2016
Yuko Yoshinari, Fabiana Andreani and Miho Mano "Reconsidering the typology of motion expressions: Focusing on differences between Italian, English, and Japanese" 49th Annual Meeting of the Societas Linguistica Europaea, 連名, 国際学会, University of Naples Federico II, Naples, Italy, 2016
吉成祐子・眞野美穂・江口清子「日本語学習者の使役移動表現-INTO経路を表す際の中間言語的特徴-」 第二言語習得研究会(JASLA), 連名, 国内学会(全国), 九州大学伊都キャンパス, 2016
英語教育・日本語教育・国語教育における学年別・レベル別教材の横断的調査, 2016

ワークショップ「名詞句が関わる指示機能と叙述機能」 関西言語学会, 発表, 国内学会(全国), 京都大学, 2017
Paths to second language acquisition: Motion event descriptions in L1 and L2 English and Japanese International Cognitive Linguistics Conference 14, 連名, 国際学会, Tartu University, Estonia, 2017
Reconsideration of path salience in motion events: Coding patterns of multiple path segments in Italian, Japanese and English International Cognitive Linguistics Conference 14, 連名, 国際学会, Tartu University, Estonia, 2017
過去5年間の研究業績 レキシコン・フォーラム, 生成語彙理論による助数詞の分析, 共著, 6, pp.139-171, 2013
JSLS, 移動表現における第二言語学習者間の言語化傾向:日本語・英語・ハンガリー語を比較して, 共著, 103-106, 2013
日本言語学会第146回大会予稿集, 借用語における形態素脱落の実態:-ed/-ingの場合, 共著, 103-106, 2013
Abstracts Booklet of the 19th International Congress of Linguists, Exploring the Noun-classifier Continuum in Japanese, 単著, 426, 2013
日本語文法学会 第14回 大会発表予稿集, 同格名詞句の意味関係―固有名詞が含まれる場合―, 単著, 74-81, 2013
借用語における形態素脱落の実態:-ed/-ingの場合 日本言語学会, 連名, 国内学会(全国), 茨城大学, 2013
移動表現における第二言語学習者間の言語化傾向:日本語・英語・ハンガリー語を比較して 言語科学会, 連名, 国際学会, 活水女子大学, 2013
Exploring the Noun-classifier Continuum in Japanese The 19th International Congress of Linguists, 発表, 国際学会, Geneva, 2013
同格名詞句の意味関係―固有名詞が含まれる場合― 日本語文法学会, 発表, 国内学会(全国), 早稲田大学, 2013

Proceedings of CLaSIC 2014, Miho Mano, Yuko Yoshinari, Kiyoko Eguchi "The effects of the first language on the description of motion events", 共著, 277-299, 2014
Miho Mano, Yuko Yoshinari, Eguchi Kiyoko "The effects of the first language on the description of motion events" CLaSIC 2014, 連名, 国際学会, National University of Singapore, 2014

中野弘三・服部義弘・小野隆啓・西原哲雄(監修)『英語学・言語学用語辞典』, , 共著・分担(編著・編集を含む), 開拓社, 2015
Yuko Yoshinari, Miho Mano, and Kiyoko Eguchi, Interlingual versus intralingual tendencies in second language acquisition: Expressing motion events in English, Hungarian, and Japanese PALA 2015, 連名, 国際学会, Ostfold University, Norway, 2015
移動表現に関わる中間言語研究と言語教育への対応:英語・日本語を対象に, 2015

福田嘉一郎・建石始(編)『名詞類の文法』, 「日本語同格名詞句についての一考察―固有名詞が含まれる場合―」, 共著・分担(編著・編集を含む), くろしお出版, 2016
Studies in Language Sciences, 吉成祐子・眞野美穂・江口清子・松本曜「第二言語における移動事象の言語化:日本語話者が用いる英語とハンガリー語の研究」, 共著, Vol. 15, 142-, 2016
『鳴門英語研究』, 眞野美穂「日本人英語学習者の移動表現についての予備的調査」, 単著, 26号・pp.223-236., 2016
第27回第二言語習得研究会(JASLA)全国大会予稿集, 吉成祐子・眞野美穂・江口清子「日本語学習者の使役移動表現―INTO経路を表す際の中間言語的特徴―」, 共著, pp.53-58, 2016
吉成祐子・江口清子・眞野美穂「イタリア語およびハンガリー語を母語とする日本語学習者の移動表現類型論から見た母語の影響」 2016念日本語教育シンポジウム・第20回AJEヨーロッパ日本語教育シンポジウム, 連名, 国際学会, Ca’ Foscari University of Venice, Italy, 2016
Yuko Yoshinari, Fabiana Andreani and Miho Mano "Reconsidering the typology of motion expressions: Focusing on differences between Italian, English, and Japanese" 49th Annual Meeting of the Societas Linguistica Europaea, 連名, 国際学会, University of Naples Federico II, Naples, Italy, 2016
吉成祐子・眞野美穂・江口清子「日本語学習者の使役移動表現-INTO経路を表す際の中間言語的特徴-」 第二言語習得研究会(JASLA), 連名, 国内学会(全国), 九州大学伊都キャンパス, 2016
英語教育・日本語教育・国語教育における学年別・レベル別教材の横断的調査, 2016

ワークショップ「名詞句が関わる指示機能と叙述機能」 関西言語学会, 発表, 国内学会(全国), 京都大学, 2017
Paths to second language acquisition: Motion event descriptions in L1 and L2 English and Japanese International Cognitive Linguistics Conference 14, 連名, 国際学会, Tartu University, Estonia, 2017
Reconsideration of path salience in motion events: Coding patterns of multiple path segments in Italian, Japanese and English International Cognitive Linguistics Conference 14, 連名, 国際学会, Tartu University, Estonia, 2017