教員情報データベース

TOP 検索結果
氏名 眞野 美穂
氏名(ふりがな) まの みほ
ローマ字表記 MANO Miho
職名 准教授
所属教育部 高度学校教育実践専攻(教科系)
所属コース 01言語・社会系教科実践高度化コース(02英語)
所属センター 教育実習総合支援センター
個人サイトURL https://researchmap.jp/mihomano
学位 文学修士(言語学)(神戸大学大学院文学研究科)
学術博士(言語学)(神戸大学大学院文化学研究科)
学位論文題目 Study on Correlation between Predicate Types and Non-canonical Constructions. (修士論文)
Functional Typological Study on Non-canonical Constructions. (博士論文)
現在の研究分野(キーワード) 日英対照言語学、類型論、統語論、第二言語習得研究
現在の研究分野(概要) 日英語を対象に、統語論・形態論の分野で研究を行っている。現在の研究課題は以下のとおりである。
・同格構造
・移動表現に関する第二言語習得研究
・数量表現
・外来語における形態素脱落現象
主要担当授業科目 (学部) 英語リーディングⅡ
(大学院) 教科内容構成(英語科)
(学部) 小学校英語教育論
(大学院) 学習英文法演習Ⅰ
(大学院) 英語学研究Ⅱ
(学部) 英語学研究Ⅱ 
所属学会 日本言語学会、日本英語学会、日本語文法学会、関西言語学会
学会及び社会における主な活動 日本語文法学会総務委員(2007-2010年)
日本語文法学会総務副委員長(2019年-)
学術関係の受賞状況
2017年 英国応用言語学会 最優秀ポスター発表賞
Miho Mano, Yuko Yoshinari, & Kiyoko Eguchi "A bidirectional study on motion descriptions of English and Japanese L1 and L2 speakers: Focusing on the influence of deictic expressions in L1 and the learner language properties"
2018年 ヨーロッパ第二言語習得学会 最優秀ポスター発表賞
Miho Mano, Yuko Yoshinari, & Yo Matsumoto "Representation of Sequential Path of Motion in L2: L1 Influence, Simplification, and Entrenched Patterns"
主要研究業績 「叙述の類型から見た状態文とその統語構造の類型論的研究」, 2007

影山太郎(編)『日英対照 形容詞・副詞の意味と構文』, 第二章 状態と属性―形容詞類の働き, 共著・分担(編著・編集を含む), 大修館書店, 2009

影山太郎(編)『日英対照 名詞の意味と構文』, 「第一章 名詞の数え方と類別」, 共著・分担(編著・編集を含む), 大修館書店, 2011

レキシコン・フォーラム, 生成語彙理論による助数詞の分析, 共著, 6, pp.139-171, 2013

中野弘三・服部義弘・小野隆啓・西原哲雄(監修)『英語学・言語学用語辞典』, , 共著・分担(編著・編集を含む), 開拓社, 2015
移動表現に関わる中間言語研究と言語教育への対応:英語・日本語を対象に, 2015

福田嘉一郎・建石始(編)『名詞類の文法』, 「日本語同格名詞句についての一考察―固有名詞が含まれる場合―」, 共著・分担(編著・編集を含む), くろしお出版, 2016
Studies in Language Sciences, 吉成祐子・眞野美穂・江口清子・松本曜「第二言語における移動事象の言語化:日本語話者が用いる英語とハンガリー語の研究」, 共著, Vol. 15, 142-, 2016
英語教育・日本語教育・国語教育における学年別・レベル別教材の横断的調査, 2016

Walker, Izumi, Chan, Daniel Kwang Guan, Nagami, Masanori, and Bourguignon, Claire (eds.) New Perspectives on the Development of Communicative and Related Competence in Foreign Language Education. DE GRUYTER MOUTON., Mano, Yuko Yoshinari, and Kiyoko Eguchi "The effects of the first language on the description of motion events: Focusing on L2 Japanese learners of English and Hungarian", 共著, pp.125-156, 2018
日本語名詞の意味機能と統語的特性:同格名詞句と文法化現象からの検証, 2018

岸本秀樹・有働眞理子・眞野美穂・木戸康人・前田晃寿(訳)『接続詞と句読法』, , 共訳, 開拓社, 2019
Teachability and Learnability across Languages, Miho Mano, Yuko Yoshinari and Kiyoko Eguchi "Interlingual versus intralingual tendencies in second language acquisition: Expression motion events in English, Hungarian and Japanese", 共著, 183-204 , 2019
社会言語科学, 吉成祐子・眞野美穂・江口清子「日本語学習者の使役移動表現:INTO経路概念表出における中間言語的特徴」, 共著, 22(1) 172-186, 2019
眞野美穂「クオリア構造と日本語類別詞の研究」 2019年日本語誤用と第二言語習得研究国際シンポジウム, シンポジウム・招待講演, 国際学会, 人民大学, 2019
過去5年間の研究業績 福田嘉一郎・建石始(編)『名詞類の文法』, 「日本語同格名詞句についての一考察―固有名詞が含まれる場合―」, 共著・分担(編著・編集を含む), くろしお出版, 2016
Studies in Language Sciences, 吉成祐子・眞野美穂・江口清子・松本曜「第二言語における移動事象の言語化:日本語話者が用いる英語とハンガリー語の研究」, 共著, Vol. 15, 142-, 2016
吉成祐子・眞野美穂・江口清子「日本語学習者の使役移動表現-INTO経路を表す際の中間言語的特徴-」 第二言語習得研究会(JASLA), 連名, 国内学会(全国), 九州大学伊都キャンパス, 2016
英語教育・日本語教育・国語教育における学年別・レベル別教材の横断的調査, 2016

Walker, Izumi, Chan, Daniel Kwang Guan, Nagami, Masanori, and Bourguignon, Claire (eds.) New Perspectives on the Development of Communicative and Related Competence in Foreign Language Education. DE GRUYTER MOUTON., Mano, Yuko Yoshinari, and Kiyoko Eguchi "The effects of the first language on the description of motion events: Focusing on L2 Japanese learners of English and Hungarian", 共著, pp.125-156, 2018
鳴門教育大学研究紀要, 眞野美穂・鈴江涼子「中学校英語検定教科書における動詞の出現頻度調査:現状と課題」, 共著, 第33巻・pp.295-308, 2018
ワークショップ「日英語の移動表現における経路表示の多様性と第二言語習得」 関西言語学会, 連名, 国内学会(全国), 甲南大学, 2018
眞野美穂「日本語同格名詞句から見る名詞句の機能について」ワークショップ『名詞構文を巡る諸問題』 日本言語学会, 発表, 国内学会(全国), 京都大学, 2018
日本語名詞の意味機能と統語的特性:同格名詞句と文法化現象からの検証, 2018

岸本秀樹・有働眞理子・眞野美穂・木戸康人・前田晃寿(訳)『接続詞と句読法』, , 共訳, 開拓社, 2019
Teachability and Learnability across Languages, Miho Mano, Yuko Yoshinari and Kiyoko Eguchi "Interlingual versus intralingual tendencies in second language acquisition: Expression motion events in English, Hungarian and Japanese", 共著, 183-204 , 2019
社会言語科学, 吉成祐子・眞野美穂・江口清子「日本語学習者の使役移動表現:INTO経路概念表出における中間言語的特徴」, 共著, 22(1) 172-186, 2019
Miho Mano and Yo Matsumoto "Causation: Typological variety of caused motion event descriptions" Motion Event Descriptions across Languages , 連名, 国際学会, 国立国語研究所, 2019
Yuko Yoshinari, Miho Mano, Kiyoko Eguchi, and Anna Bordilovskaya "Cross-linguistic Varieties in the Coding of Multiply-specified Trajectories" 日本認知言語学会, 連名, 国内学会(全国), Kwansei Gakuin University, 2019
Eguchi, Kiyoko, Miho Mano, Anna Bordilovskaya, Yuko Yoshinari, and Yo Matsumoto "Cross-linguistic tendency of Path coding: A production experiment of 14 different Paths in English, Hungarian, Italian, Japanese, and Russian" ICLC 15, 連名, 国際学会, Kwansei Gakuin University, 2019
Anna Bordilovskaya, Kiyoko Eguchi, Miho Mano, and Yuko Yoshinari "Inter- and Intra-typological Variations of Complex Trajectory Motion Events" ICLC 15, 連名, 国際学会, Kwansei Gakuin University, 2019
眞野美穂「クオリア構造と日本語類別詞の研究」 2019年日本語誤用と第二言語習得研究国際シンポジウム, シンポジウム・招待講演, 国際学会, 人民大学, 2019