教員情報データベース

TOP 検索結果
氏名 西村 公孝
氏名(ふりがな) にしむら きみたか
ローマ字表記 NISHIMURA Kimitaka
職名 教授
所属教育部 人文・社会系教育部
所属コース 教員養成特別コース
所属センター 教職キャリア支援センター
TEL 088-687-6366
FAX 088-687-6366
E-mail knishi@naruto-u.ac.jp
学位 1979年3月 教育学修士(東京学芸大学)
2012年3月 博士(学校教育学)(兵庫教育大学())
学位論文題目 新しい公民教育展開のための一研究-児童生徒の公民意識を手がかりとして-(修士論文)
社会形成力を育成する社会科・公民科カリキュラムの開発と実践 -政治領域における小中高一貫の視点から-(博士論文)
現在の研究分野(キーワード) 社会科教育学(公民教育)、キャリア教育
現在の研究分野(概要) 主権者育成のための公民形成カリキュラム開発・研究を中心に学校教育における政治教育の在り方を考察している。また,公民教育を核に生活科教育,国際理解教育における人間形成,男女共同参画社会の形成者育成について研究領域を広めようとしている。
主要担当授業科目 (大学院) 教科カリキュラムの構成と理論
(大学院) チーム総合演習Ⅰ
(学部) 学校教育実践Ⅱ
(大学院) 校種間接続カリキュラム構築の理論と実践
(大学院) 教職キャリア開発演習
(大学院) 教職総合力開発演習
(大学院) 学校アセスメント演習
(大学院) キャリア課題演習
(大学院) 学校課題フィールドワークⅠ
(大学院) 学校課題フィールドワークⅡ
(大学院) 教材教具の開発演習
(大学院) 現代社会の諸課題と社会認識教育
(大学院) 社会系教科の授業研究
(大学院) チーム総合演習Ⅱ
(学部) 学校教育実践Ⅲ
(学部) 生活科教育論 
所属学会 日本社会科教育学会,全国社会科教育学会,日本教育学会,日本公民教育学会,日本グローバル教育学会,日本生活科・総合的学習教育学会,日本政治学会,日本国際理解教育学会,社会系教科教育学会,日本カリキュラム学会,鳴門社会科教育学会,東京学芸大学社会科教育学会
学会及び社会における主な活動 日本社会科教育学会評議員(平成6年4月〜9年3月、平成14年4月~30年3月),日本公民教育学会理事(平成2年12月〜平成24年3月)、会計監査(平成18年4月~24年3月)、副会長(平成24年4月~26年3月)会長(平成26年4月~28年3月)常任理事・事務局長(平成28年4月~平成30年3月)、日本グローバル教育学会常任理事(平成9年4月〜27年3月、平成27年4月~29年3月)、副会長(平成21年4月~平成27年3月)),全国社会科教育学会理事(平成12年4月〜32年3月)、鳴門社会科教育学会理事(平成9年4月~17年7月)、副会長(平成17年8月~23年7月)、会長(平成23年8月~29年7月)、社会系教科教育学会理事(平成14年4月~29年3月)、日本教育大学協会評議員(四国地区理事)(平成22年4月~24年3月)、日本教育大学協会全国教育実習研究部門(四国地区理事)(平成23年4月~25年3月)、徳島県キャリア教育推進協議会長(平成25年9月~28年3月)、文部科学省中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会(社会・地理歴史・公民)ワーキンググループ委員(平成27年11月~平成28年3月)、徳島県美馬市教育振興計画審議会長(平成28年9月~29年3月)、徳島県学校の主権者教育を推進する協議会長(平成28年9月~29年3月)
学術関係の受賞状況
国際理解教育研究所 国際理解教育奨励賞佳作(平成5年3月)
日本公民教育学会研究賞(論文「社会形成力を育成する社会科・公民科教師の教育実践力」日本公民教育学会『公民教育研究』Vol.16,平成22年3月)
平成24年度鳴門教育大学優秀教員(教育部門)(平成24年10月)
平成28(2016)年度日本グローバル教育学会賞(平成28年9月)
主要研究業績 THE PROCEEDINGS OF THE FOURTH JAPAN-CHINA TEACHER EDUCATION CONFERENCE, 教職大学院を活用した教師の専門職化-小中接続期に着目した国語科授業づくりを通して-, 共著, pp.107-120, 2011

学校教育学会学会誌(鳴門教育大学学校教育学会), 社会形成力を育成する社会科・公民科カリキュラムの開発と実践, 単著, 第28号、pp.77-82, 2013
平成24年度特別経費「プロジェクト」報告書, 教育実習充実に関する研究(中間報告), 共著, 全50頁(pp.1-2、全体編集), 2013
現下の教育課題ずばり私の主張「グローバル時代の社会形成者」, 教員新聞の記事(教育新聞社), 国際的・全国的レベル以外(委嘱を受けたもの), 2013

鳴門教育大学研究紀要, 人口減少社会に対応した学校教育の在り方に関する考察-チェーンスクールとパッケージスクールの構想-, 共著, 第29巻, 2014
グローバル教育が目指してきたグローバル人材としての資質とは-人材像の変遷- 日本グローバル教育学会, シンポジウム・招待講演, 国内学会(全国), 宮崎大学, 2014
現代社会の課題を考察する見方や考え方を身に付けさせる公民教育カリキュラムの再構築, 2014

最新 教育法規質疑応答集, 「選挙権年齢引き下げ」pp.1726-1727(1727・14), 単著, ぎょうせい, 2015
社会認識学研究, 大学院を活用した社会系教員のキャリア発達課題に関する研究, 単著, 第30号、pp.159-168, 2015
月刊高校教育, 公民教育の蓄積を生かし、新たな主権者教育を目指す, 単著, 第48巻第9号、pp.30-33, 2015
社会科教育, 社会を形成する力を育てる社会参加学習, 単著, , 2015
社会形成力育成カリキュラムの研究課題-著書に関する書評及び図書紹介での指摘を踏まえて- 全国社会科教育学会, 発表, 国内学会(全国), 広島大学, 2015
主権者として、今の日本(地方と国家)と世界をどうみているか 四国地区地域コミュニティフォーラム, (実務家教員用)中・四国・近畿等ブロックレベル招聘講師, 国内学会(地区ブロック), 香川県アルファあなぶきホール, 2015
教職大学院を活用した理論と実践の往還による総合的な教職実践力の形成 第6回日中教師教育学術研究集会, 発表, 国際学会, 鳴門教育大学, 2015
現代社会の課題を考察する見方や考え方を身に付けさせる公民教育カリキュラムの再構築, 2015

教育の今とこれからを読み解く57の視点, 視点29「地球市民」はどのように育てることができるか, 共著・分担(編著・編集を含む), 教育出版, 2016
徳島新聞, 政治へ関心を高めて自分の考えを発信しよう, 単著, , 2016
社会科教育, 未来志向で主権者を育てる社会科授業づくり, 単著, pp.74-75, 2016
社会科教育(明治図書), グローバル社会時代の「形成者」としての主権者教育を考える, 単著, No.686、pp.28-31, 2016
社会科教育(明治図書), 社会科授業づくりの課題と取組−指導要領改訂を見据えて−, 単著, No.687、pp.112-115, 2016
社会科教育(明治図書), 主権者教育に求められる社会形成力, 単著, No.688、pp.52-55, 2016
18歳選挙権時代の主権者教育の課題-見方や考え方を育てる小中高一貫の視点から- 第27回日本公民教育学会全国研究大会, 発表, 国内学会(全国), 鳴門教育大学, 2016
18歳選挙権時代における主権者教育の課題 第66回日本社会科教育学会全国研究大会, 発表, 国内学会(全国), 弘前大学, 2016
現代社会の課題を考察する見方や考え方を身に付けさせる公民教育カリキュラムの再構築, 2016

中村哲編集、西村公孝他15名『文化を基軸とする社会系教育の構築』, 「地域文化の教材化を図る『ふるさと学習』の基本的性格と課題」(第2章第4節、pp.71-86), 共著・分担(編著・編集を含む), 風間書房, 2017
鳴門教育大学「学校教育研究紀要」, 保健体育授業におけるフロー体験と基本的心理欲求の充足の関連, 共著, No.31、 pp.57-64, 2017
「教室ツーウェイNEXT」学芸みらい社, 社会参加=検討課題実践的アプローチとは, 単著, 第3号、p.68, 2017
「公民最新資料」特集号, 高等学校公民科新科目「公共」に対する期待と課題, 単著, 特集号、2017、pp.8-10, 2017
過去5年間の研究業績 テキストブック公民教育, 第Ⅰ章3「公民教育のカリキュラムと授業の特質」、第Ⅳ章3(2)「「現代社会」の目標と内容」、第Ⅶ章7「思考・判断・表現の指導の工夫」8「言語活動としての発表・討論・報告書の作成」, 共著・分担(編著・編集を含む), 第一学習社, 2013
せいかつ&そうごう, 生活科のカリキュラム, 共著, 第20号、pp.16-23, 2013
学校教育学会学会誌(鳴門教育大学学校教育学会), 社会形成力を育成する社会科・公民科カリキュラムの開発と実践, 単著, 第28号、pp.77-82, 2013
平成24年度特別経費「プロジェクト」報告書, 教育実習充実に関する研究(中間報告), 共著, 全50頁(pp.1-2、全体編集), 2013
現下の教育課題ずばり私の主張「グローバル時代の社会形成者」, 教員新聞の記事(教育新聞社), 国際的・全国的レベル以外(委嘱を受けたもの), 2013
大学院を活用した社会系教員のキャリア発達課題に関する研究-「理論と実践の統合」課題にどのように取り組んでいるか- 日本社会科教育学会第63回全国研究大会, 発表, 国内学会(全国), 山形大学, 2013
鳴門教育大学における教育実習の現状と課題-教育実習の参加要件と評価基準をめぐる諸課題- 日本教育大学協会四国地区研究集会, シンポジウム・招待講演, 国内学会(地区ブロック), 高知大学, 2013

社会形成力育成カリキュラムの研究-社会科・公民科における小中高一貫の政治学習-, , 単著, 東信堂, 2014
平成25年度日本教育大学協会四国地区研究集会「研究集会記録集」, 鳴門教育大学における教育実習の現状と課題-教育実習の参加要件と評価基準をめぐる諸課題-, 単著, 第35集、pp.31-34, 2014
鳴門教育大学研究紀要, 人口減少社会に対応した学校教育の在り方に関する考察-チェーンスクールとパッケージスクールの構想-, 共著, 第29巻, 2014
グローバル教育が目指してきたグローバル人材としての資質とは-人材像の変遷- 日本グローバル教育学会, シンポジウム・招待講演, 国内学会(全国), 宮崎大学, 2014
現代社会の課題を考察する見方や考え方を身に付けさせる公民教育カリキュラムの再構築, 2014

最新 教育法規質疑応答集, 「選挙権年齢引き下げ」pp.1726-1727(1727・14), 単著, ぎょうせい, 2015
社会認識学研究, 大学院を活用した社会系教員のキャリア発達課題に関する研究, 単著, 第30号、pp.159-168, 2015
月刊高校教育, 公民教育の蓄積を生かし、新たな主権者教育を目指す, 単著, 第48巻第9号、pp.30-33, 2015
社会科教育, 社会を形成する力を育てる社会参加学習, 単著, , 2015
社会形成力育成カリキュラムの研究課題-著書に関する書評及び図書紹介での指摘を踏まえて- 全国社会科教育学会, 発表, 国内学会(全国), 広島大学, 2015
主権者として、今の日本(地方と国家)と世界をどうみているか 四国地区地域コミュニティフォーラム, (実務家教員用)中・四国・近畿等ブロックレベル招聘講師, 国内学会(地区ブロック), 香川県アルファあなぶきホール, 2015
教職大学院を活用した理論と実践の往還による総合的な教職実践力の形成 第6回日中教師教育学術研究集会, 発表, 国際学会, 鳴門教育大学, 2015
現代社会の課題を考察する見方や考え方を身に付けさせる公民教育カリキュラムの再構築, 2015

教育の今とこれからを読み解く57の視点, 視点29「地球市民」はどのように育てることができるか, 共著・分担(編著・編集を含む), 教育出版, 2016
徳島新聞, 政治へ関心を高めて自分の考えを発信しよう, 単著, , 2016
社会科教育, 未来志向で主権者を育てる社会科授業づくり, 単著, pp.74-75, 2016
社会科教育(明治図書), グローバル社会時代の「形成者」としての主権者教育を考える, 単著, No.686、pp.28-31, 2016
社会科教育(明治図書), 社会科授業づくりの課題と取組−指導要領改訂を見据えて−, 単著, No.687、pp.112-115, 2016
社会科教育(明治図書), 主権者教育に求められる社会形成力, 単著, No.688、pp.52-55, 2016
18歳選挙権時代の主権者教育の課題-見方や考え方を育てる小中高一貫の視点から- 第27回日本公民教育学会全国研究大会, 発表, 国内学会(全国), 鳴門教育大学, 2016
18歳選挙権時代における主権者教育の課題 第66回日本社会科教育学会全国研究大会, 発表, 国内学会(全国), 弘前大学, 2016
現代社会の課題を考察する見方や考え方を身に付けさせる公民教育カリキュラムの再構築, 2016

中村哲編集、西村公孝他15名『文化を基軸とする社会系教育の構築』, 「地域文化の教材化を図る『ふるさと学習』の基本的性格と課題」(第2章第4節、pp.71-86), 共著・分担(編著・編集を含む), 風間書房, 2017
鳴門教育大学「学校教育研究紀要」, 保健体育授業におけるフロー体験と基本的心理欲求の充足の関連, 共著, No.31、 pp.57-64, 2017
「教室ツーウェイNEXT」学芸みらい社, 社会参加=検討課題実践的アプローチとは, 単著, 第3号、p.68, 2017
「公民最新資料」特集号, 高等学校公民科新科目「公共」に対する期待と課題, 単著, 特集号、2017、pp.8-10, 2017