教員情報データベース

TOP 検索結果
氏名 阪根 健二
写真
氏名(ふりがな) さかね けんじ
ローマ字表記 SAKANE Kenji
職名 教授
所属教育部 基礎・臨床系教育部
所属コース 教員養成特別コース
所属センター 地域連携センター
TEL 088-687-6593
FAX 088-687-6593
E-mail sakane@naruto-u.ac.jp 
個人サイトURL http://www.geocities.jp/kagawaschool/sakanepage1.html
生年月 1954年10月
学位 教育学修士(1979.3)(東京学芸大学)
学位論文題目 1)Operational Amprifierによる非安定マルチの安定化に関する一考察(主論文) 2)中学校技術・家庭科における効果的な計測学習の研究(副論文)(修士論文)
経歴 昭和29年(1954年) 神戸市(東灘区)生まれ
昭和54年(1979年) 東京学芸大学大学院教育研究科 修士課程修了
昭和54年(1979年)  香川県坂出市内の中学校に勤務
平成元年(1989年) 香川県教職員連盟委員長(全日本教職員連盟副委員長兼務)
平成 9年 (1997年) 香川県教育委員会事務局 義務教育課主任指導主事
平成14年(2002年) 坂出市立白峰(はくほう)中学校 教頭
*平成11年~平成15年 香川大学客員教授(教育臨床部門:生徒指導)併任
平成15年(2003年) 香川大学教育学部(学校教育講座)助教授
平成20年(2008年) 鳴門教育大学大学院 学校教育研究科 准教授
               (基礎・臨床教育部 臨床心理士養成コース)
平成23年(2011年) 鳴門教育大学大学院 学校教育研究科 教授 (現在)
               (基礎・臨床教育部 高度学校教育実践専攻) 
平成28年(2016年) 地域連携センター所長併任
【兵庫教育大学連合大学院兼務(マル合)、広島大学大学院客員教授、徳島大学工学部非常勤講師】
現在の研究分野(キーワード) 学校教育学(学校危機管理、防災教育、生徒指導、教職論)、社会教育、NIE(新聞活用教育)
現在の研究分野(概要) 1)学校の危機管理に関すること
2)防災教育について
3)NIE(新聞活用教育)、メディア対応
4)生徒指導中心とした教職実践
5)家庭教育・家庭学習
6)(株)おもちゃ王国と鳴門教育大学との産学共同研究(外部資金)など
主要担当授業科目 (学部) 教職論
(大学院) 学校危機管理研究
(学部) 学校の危機管理
(大学院) 学校防災教育の開発 
所属学会 1)日本NIE学会(会長)
2)日本生徒指導学会(常任理事)
3)日本生活科・総合的学習教育学会
4)日本安全教育学会
学会及び社会における主な活動 1)日本NIE学会常任理事(平成17年5月~現在)、会長(平成28年4月~現在)
2)日本生徒指導学会常任理事(平成19年4月~現在)
3)日本新聞文化財団NIEアドバイザー(平成17年7月~平成20年3月まで)
4)国立教育政策研究所「生徒指導のより効果的な取組のための調査研究協力者会議委員」(平成21年4月~平成23年3月まで)
5)岡山県生徒指導推進協議会委員長(平成21年4月~平成24年3月まで)
6)香川県NIE推進協議会会長(平成23年5月~現在)
7)徳島県社会教育委員委員長(平成23年5月~平成27年3月まで:現在副委員長)
8)教員養成評価機構評価委員会主査(平成23、24年度) 他
学術関係の受賞状況
香川県坂出市教育委員会教育功労者(平成7年11月)
鳴門教育大学ベストティーチャー賞(教育部門 平成24年10月)
主要研究業績 生徒指導学研究, 教師のいじめに関する知見と対応との乖離について―中学校段階におけるいじめ対応の実践と課題, 単著, 第7号、43-49頁, 2008

日本NIE学会誌, 日本におけるNIE実践の現状と課題―実践報告書の分析を通して―, 単著, 第5号,129-136頁, 2010

生徒指導学研究, 全国各自治体でのいじめ増減傾向の推認といじめ研修の地域差・内容・定着度―教育委員会担当者への質問紙調査より―, 共著, 10号、pp47-56, 2011

日本NIE学会誌, 防災とNIEについて, 単著, 第8号 pp.71-73, 2013

ネットいじめや「ケータイ問題」に関する教師の知識の現状把握と指導の改善について, 2014

現代生徒指導論(第5章第2節)、日本生徒指導学会編、学事出版, インターネット・携帯電話に関わる問題, 単著, pp138-141, 2015
教職員等中央研修・中堅教員研修「リスクマネージメント」 独立行政法人教員研修センター, (実務家教員用)全国レベル招聘講師, 教育関連研修会, 独立行政法人教員研修センター(つくば会場), 2015

LGBTに関する教師の関与と指導方略の最適化について, 2016
過去5年間の研究業績 日本NIE学会誌, 防災とNIEについて, 単著, 第8号 pp.71-73, 2013
鳴門教育大学教員養成改革の軌跡, これからの学校防災の担い手を育てる, 単著, 154-157頁, 2013

学校教育研究(日本学校教育学会誌), 〈生きる力〉の育成を支援する教育行政・学校経営の在り方ー学校の危機管理の視点からー, 単著, 29号、pp189-193, 2014
ネットいじめや「ケータイ問題」に関する教師の知識の現状把握と指導の改善について, 2014

日本NIE学会誌, 未来に向けてNIEは何ができるか, 単著, 第10号、pp97-101 , 2015
必携教職六法, いじめ防止対策推進法, 単著, 492P, 2015
現代生徒指導論(第5章第2節)、日本生徒指導学会編、学事出版, インターネット・携帯電話に関わる問題, 単著, pp138-141, 2015
教職員等中央研修・中堅教員研修「リスクマネージメント」 独立行政法人教員研修センター, (実務家教員用)全国レベル招聘講師, 教育関連研修会, 独立行政法人教員研修センター(つくば会場), 2015
政策大学院大学・教育政策上級プロフェショナル養成研修(危機管理) 政策大学院大学, (実務家教員用)全国レベル招聘講師, 教育関連研修会, 政策大学院大学, 2015

LGBTに関する教師の関与と指導方略の最適化について, 2016