教員情報データベース

TOP 検索結果
氏名 田村 隆宏
氏名(ふりがな) たむら たかひろ
ローマ字表記 TAMURA Takahiro
職名 教授
所属教育部 基礎・臨床系教育部
所属コース 幼年発達支援コース
TEL 088-687-6297
FAX 088-687-6297
E-mail takatam@naruto-u.ac.jp
個人サイトURL http://www.naruto-u.ac.jp/~e-child/staff/tamura.html
学位 1991年3月 教育学修士(奈良教育大学)
1993年3月 修士(教育学)(奈良教育大学)
2003年9月 博士(学校教育学)(兵庫教育大学)
学位論文題目 読譜指導に関する基礎的研究(平成3年) (修士論文)
カテゴリー化における特徴情報と既有知識の役割(平成5年) (修士論文)
幼児の語彙学習を促す要因に関する研究(平成15年)(博士論文)
現在の研究分野(キーワード) 幼児心理学,発達心理学
現在の研究分野(概要) 幼児の語彙学習に関する研究。特に就学前児を対象として事物名の獲得において,幼児(学習者)と大人(教授者)と対象事物との関係の中に存在する様々な要因の中でどのようなものが重要な役割を果たしているかを明らかにし,その成果から,子どものことばの発達を支える保育・教育実践のあり方を考えることを目的として研究を行っている。
主要担当授業科目 (学部) 教職実践演習(幼・小・中・高)
(学部) 発達心理学
(学部) 乳幼児心理学
(大学院) 子どもの発達支援
(大学院) 幼年発達心理研究
(大学院) 幼年発達心理演習 
所属学会 日本心理学会,日本教育心理学会,日本発達心理学会,日本保育学会,日本基礎心理学会,日本応用教育心理学会,日本乳幼児教育学会,関西心理学会
学会及び社会における主な活動 日本応用教育心理学会理事,日本応用教育心理学会編集主任,徳島市社会教育委員,鳴門市教育委員会子育て支援事業保育カウンセラー
主要研究業績 教育心理学研究, 幼児と大人のカテゴリー化における特徴情報の役割, 単著, 第42巻,第3号,p306-314., 1994

基礎心理学研究, カテゴリー化に及ぼす特徴情報タイプの効果, 単著, 第15巻,第1号,p33-37., 1996
教育心理学研究, 幼児の新奇語解釈に及ぼす命名条件の効果:語意味解釈おける特徴次元排除性, 単著, 第44巻,第3号,p249-258., 1996
発達心理学研究, 異なる概念水準名解釈における状況依存性:年中児の語意解釈に及ぼす課題の効果, 単著, 第7巻,第2号,p138-147., 1996

教育心理学研究, 幼児の語意味限定に及ぼす事例の周辺状況の影響, 単著, 第45巻,第4号,p474-481., 1997

基礎心理学研究, 幼児のカテゴリー化に及ぼす共通特徴情報教授の効果, 単著, 第16巻,第2号,p82-86., 1998

教育心理学研究, 語彙学習過程における事物認識の重要性:幼児と大人の相互排他性に及ぼす行為目的と事物の行為目的適正度の効果, 単著, 第47巻,第1号,p68-77., 1999

Perceptual and Motor Skills: Learning and Memory, Effects of types of featural information on interpretation by young children of novel words at the superordinate level., 単著, Vol 90, p73-80., 2000

基礎心理学研究, 幼児の語意味限定に及ぼす語命名時と語意味限定時の事物の周辺状況の一致,不一致の効果, 単著, 第21巻,第2号,p120-130., 2003

応用教育心理学研究, 幼児の語彙学習に及ぼす事物を用いた行為経験と行為観察の影響, 単著, 第20巻,第2号,p22-33., 2004
保育学研究, 保育者の中の3つの「わたし」:子どもたちとの豊かな関係性を築くために, 共著, 第42巻,第1号,p12-18., 2004

幼児の語彙学習を促す要因に関する研究, 風間書房, 単著, 風間書房, 2005
心理学研究, 幼児の語意味限定に及ぼす周辺事物の多様性と相対的大きさの影響, 単著, 第75巻,第6号,p487-494., 2005
応用教育心理学研究, 子どもに及ぼす子育て支援活動の影響に関する保育者の認識, 共著, 第22巻,第1号,p3-15., 2005

応用教育心理学研究, 幼児の語意味限定に及ぼす周辺事物の多様性効果に関する検討, 単著, 第24巻,第1号,p29-33., 2007

応用教育心理学研究, 幼児と大人の相互排他性棄却に関わる語彙学習過程における状況依存性, 単著, 第25巻,第1号,p3-14., 2008

教育実践学論集, 大学院生の道徳的意識に及ぼす遍路体験の影響, 共著, 第10号,p81-88., 2009

教育システム情報学会誌, 「遊誘財データベース」を活用した保育者養成, 共著, 第29巻,第1号,p80-85., 2012

応用教育心理学研究, 養育者の目標志向性が育児不安,育児充実感,及び主観的幸福感に与える影響;養育目標志向性尺度の作成と検討, 共著, 第30巻,第1号,p13-22., 2013
教育心理学年報, 乳幼児発達研究の動向とその成果の教育現場への貢献, 単著, 第52巻,p1-11., 2013

保育環境を新たな概念で捉え直す;「遊誘財」試論 日本保育学会第67回大会, シンポジウム・招待講演, 国内学会(全国), 大阪総合保育大学, 2014
青年期の精神的回復力に及ぼす幼少期の親子関係の影響~両親との親密性に関する検討~ 日本心理学会第78回大会, 発表, 国内学会(全国), 同志社大学, 2014
青年期の精神的回復力に及ぼす親子関係と性差の影響-親との同一視欲求に関する検討- 日本教育心理学会第56回総会, 発表, 国内学会(全国), 神戸国際会議場(神戸大学), 2014

鳴門教育大学授業実践研究, 省察力のある保育者養成のための主免教育実習事後指導 - 鳴門教育大学「保育実践スタンダード」を用いて, 共著, 第14号,p11-19., 2015
鳴門教育大学附属幼稚園研究紀要, 保育の質向上の問題に保育キャリアからアプローチすることの意義, 単著, 第48集,p99-106., 2015
青年期の精神的回復力に及ぼす幼少期の親子関係と性差の影響;両親との信頼性に関する検討 日本教育心理学会第57回総会, 発表, 国内学会(全国), 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター), 2015
青年期の精神的回復力に及ぼす依存性と性差の影響 日本心理学会第79回大会, 発表, 国内学会(全国), 名古屋国際会議場, 2015

やさしく学ぶ保育の心理学Ⅰ・Ⅱ, 第2章 保育実践の評価と心理学, 共著・分担(編著・編集を含む), ナカニシヤ出版, 2016
やさしく学ぶ保育の心理学Ⅰ・Ⅱ , 第8章 生涯発達と初期経験の重要性, 共著・分担(編著・編集を含む), ナカニシヤ出版, 2016
初等教育資料(文部科学省・編), 田村隆宏,質の高い保育実践のための園内研修, 単著, 7月号 p.88-91., 2016
鳴門教育大学附属幼稚園研究紀要, フレッシュ保育者の資質向上のポイントとミドルリーダーとの協働・同僚性, 単著, 第49集,p111-116., 2016
「保育実践力スタンダード(子どもとのかかわり編)」作成に関する研究 日本保育学会第69回大会, 連名, 国内学会(全国), 東京学芸大学, 2016
幼児とともに遊誘財を創造する」視点から保育の質を問う(話題提供) 日本保育学会第69回大会, シンポジウム・招待講演, 国内学会(全国), 東京学芸大学, 2016
保育実践力向上に及ぼす保育実習の効果;子どもとのかかわりに関する実践力に注目して 日本教育心理学会第58回大会, 発表, 国内学会(全国), サンポートホール高松(香川大学), 2016
幼稚園における保育者の「環境を構成する」力量形成に関する研究(課題番号16K04552), 2016

International Journal of Social Science Studies, Effect of objects surrounding a referent on young children's interpretation of word meanings., 単著, Vol 5, No.1, p. 54-62., 2017
過去5年間の研究業績 応用教育心理学研究, 養育者の目標志向性が育児不安,育児充実感,及び主観的幸福感に与える影響;養育目標志向性尺度の作成と検討, 共著, 第30巻,第1号,p13-22., 2013
教育心理学年報, 乳幼児発達研究の動向とその成果の教育現場への貢献, 単著, 第52巻,p1-11., 2013
鳴門教育大学授業実践研究, 乳児への保育実践力を身につける授業の試案とその成果;大学内での赤ちゃんサロンでの取り組みから, 共著, 第12号,p3-10., 2013
鳴門教育大学附属幼稚園研究紀要, 幼児期の科学的思考力の発達に関与する要因, 単著, 第46集,p113-116., 2013
鳴門教育大学附属幼稚園研究紀要, 遊誘財が引き出す学びは教材による学びといかに異なるか?, 単著, 第47集,p323-330., 2013
青年期の精神的回復力に及ぼす幼少期の親子関係の影響;親への信頼性の影響 日本教育心理学会第55回大会, 発表, 国内学会(全国), 法政大学, 2013
青年期の精神的回復力に及ぼす依存性の影響 日本心理学会第77回大会, 発表, 国内学会(全国), 札幌市産業振興センター, 2013

保育環境を新たな概念で捉え直す;「遊誘財」試論 日本保育学会第67回大会, シンポジウム・招待講演, 国内学会(全国), 大阪総合保育大学, 2014
青年期の精神的回復力に及ぼす幼少期の親子関係の影響~両親との親密性に関する検討~ 日本心理学会第78回大会, 発表, 国内学会(全国), 同志社大学, 2014
青年期の精神的回復力に及ぼす親子関係と性差の影響-親との同一視欲求に関する検討- 日本教育心理学会第56回総会, 発表, 国内学会(全国), 神戸国際会議場(神戸大学), 2014

鳴門教育大学授業実践研究, 省察力のある保育者養成のための主免教育実習事後指導 - 鳴門教育大学「保育実践スタンダード」を用いて, 共著, 第14号,p11-19., 2015
鳴門教育大学附属幼稚園研究紀要, 保育の質向上の問題に保育キャリアからアプローチすることの意義, 単著, 第48集,p99-106., 2015
青年期の精神的回復力に及ぼす幼少期の親子関係と性差の影響;両親との信頼性に関する検討 日本教育心理学会第57回総会, 発表, 国内学会(全国), 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター), 2015
青年期の精神的回復力に及ぼす依存性と性差の影響 日本心理学会第79回大会, 発表, 国内学会(全国), 名古屋国際会議場, 2015

やさしく学ぶ保育の心理学Ⅰ・Ⅱ, 第2章 保育実践の評価と心理学, 共著・分担(編著・編集を含む), ナカニシヤ出版, 2016
やさしく学ぶ保育の心理学Ⅰ・Ⅱ , 第8章 生涯発達と初期経験の重要性, 共著・分担(編著・編集を含む), ナカニシヤ出版, 2016
初等教育資料(文部科学省・編), 田村隆宏,質の高い保育実践のための園内研修, 単著, 7月号 p.88-91., 2016
鳴門教育大学附属幼稚園研究紀要, フレッシュ保育者の資質向上のポイントとミドルリーダーとの協働・同僚性, 単著, 第49集,p111-116., 2016
「保育実践力スタンダード(子どもとのかかわり編)」作成に関する研究 日本保育学会第69回大会, 連名, 国内学会(全国), 東京学芸大学, 2016
幼児とともに遊誘財を創造する」視点から保育の質を問う(話題提供) 日本保育学会第69回大会, シンポジウム・招待講演, 国内学会(全国), 東京学芸大学, 2016
保育実践力向上に及ぼす保育実習の効果;子どもとのかかわりに関する実践力に注目して 日本教育心理学会第58回大会, 発表, 国内学会(全国), サンポートホール高松(香川大学), 2016
幼稚園における保育者の「環境を構成する」力量形成に関する研究(課題番号16K04552), 2016

International Journal of Social Science Studies, Effect of objects surrounding a referent on young children's interpretation of word meanings., 単著, Vol 5, No.1, p. 54-62., 2017