コースの紹介

ものづくりと情報を二本柱として、材料加工、機械、電気、情報と技術科教育について学びます。社会から求められる教育実践力を育て身につけるために、これらの専門領域について理解し、いろいろな演習と実習によって生きた知識と活用能力を養い、それをバネにして技術科教育の実践力と教材開発能力を育てます。附属学校などで自ら学ぶチャンスにも恵まれています。中学校の技術科の免許に加えて高等学校の工業の免許が得られる他、高等学枚情報の免許を選択で取得することができます。

取得できる教員免許

卒業要件を満たすことによって取得することができる教員免許状は次のとおりです。さらに卒業要件以外の単位を併せて修得することによって小・中・高等学校の各教科ならびに幼稚園教諭,養護学校教諭等の免許を選択して取得することができます。

小学校教育専修・技術科コース

中学校教育専修・技術科コース

入学者選抜試験

定員は小学校教育専修と中学校教育専修を合わせて推薦入試Ⅰ型2名,前期入試4名です。
(学部1年の前期終了後に,各自の希望を尊重して専修を分けます)

学部入試の詳細情報は鳴門教育大学WEBを ご覧ください。

授業料や住居費