ホーム > 専攻教員の紹介(教職実践力高度化コース)

専攻教員の紹介(教職実践力高度化コース)

  • 教員養成特別コース

専攻教員の紹介

教職実践力高度化コース

教授 阿形 恒秀(あがた つねひで)

専門分野は生徒指導、教育相談、人権教育。担当科目は生徒指導の理論と実践、人権教育・道徳教育の実践と課題ほか。臨床教育学の観点から「児童生徒の依存と自立」「教師の優しくて厳しいかかわり」などのテーマを研究しています。著書は『思春期理解とこころの病』(共著、解放出版社)など。
教授 久我 直人 (くが なおと)

専門分野は学校経営実践論、学級経営実践論、担当科目は「学級経営の理論と実践」「子ども理解に基づく学級経営の実践と課題」他です。学校教育が難しい時代に入ったなか、潤いのある学級づくりをすすめる教師の効果ある指導や子どもの内面理解に基づく学校・学級経営の在り方を研究し、学校・学級経営改善の支援を行っています。また,学校組織マネジメントの実践研究に基づいて『全員参加型の学校づくり』をすすめています。
教授 小坂 浩嗣 (こさか ひろつぐ)

専門分野は学校臨床心理学。子ども理解、不登校・いじめなどへのグループ・アプローチや協働的生徒指導の実践的研究に取り組んでいます。担当科目は、生徒指導実践事例研究など。著書に『事例に学ぶスクールカウンセリングの実際』(共著 創元社)ほか。
教授 藤井 伊佐子 (ふじい いさこ)

中学校教諭、併設型中高一貫校教頭、小学校長及び県教育委員会事務局勤務の経験をもとに、教職員・学校間・地域が協働した地域活性化の核となる魅力的な学校づくりについて、制度や予算面等からもアプローチしていきたいと思います。
教授 前田 洋一(まえだ よういち)

教育心理学、カリキュラム研究の視点からスクールリーダー、ミドルリーダーの養成のあり方等に関する研究に取り組んでいます。また、子どもの学力、評価を中心的に研究しています。最近は、校種間の接続カリキュラムについて研究をしています。
客員教授 村川 雅弘(むらかわ まさひろ)

専門分野はカリキュラム開発、総合的な学習、ワークショップ型研修。担当科目はカリキュラムマネジメントの理論と実践、ワークショップ型研修。著書に『「ワークショップ型校内研修」充実化・活性化のための戦略&プラン43』(教育開発研究所)、『学びを起こす授業改革』(ぎょうせい)ほかがあります。
准教授 池田 誠喜(いけだ せいき)

専門分野は生徒指導、教育相談。担当科目は「支援を要する子どもの理解と指導」など。子どもたちの精神的回復力を育成することを主眼として、生徒指導、教育相談の実践及び研究に取り組んできました。論文に、『レジリエンス概念を生かした不登校生徒支援の実際』(生徒指導学研究)ほか。
准教授 大林 正史(おおばやし まさふみ)

専門分野は学校経営学、教育行政学。保護者、地域住民の学校経営参加制度(学校評議員や学校運営協議会)が、学校の経営や教育活動に与える影響について研究しています。担当科目は「家庭・地域・学校の連携構築」などです。著書に『学校を変える新しい力』(共著、小学館)ほか。
准教授 芝山 明義(しばやま あきよし)

専門分野は教育社会学、主な担当科目は「校内研修の計画と運営」「人権教育・道徳教育の実践と課題」です。家庭・地域との連携により成果を上げている学校の研究から子どもを取り巻く教育環境の変容に対応できる教職員の資質や能力の向上のための教員研修の開発をめざし、特に「教育的に不利な環境にある子どもたち」に対処できる力量形成が課題です。主な著書は『「力のある学校」の探究』(大阪大学出版会 2009年)などです。
准教授 末内 佳代(すえうち かよ)

専門分野は学校臨床心理学です。担当科目は、「支援を要する子どもの理解と指導」「教育相談の理論と実践」などです。学校において一人ひとりの子どもたちや教職員が、安心して生活でき、分かりやすく学べる、心と学習の支援を行っています。著書『教師と臨床心理士のダブルライセンス』(共著 金剛出版)。
講師 泰山 裕(たいざん ゆう)

専門分野は教育工学、情報教育、授業設計。授業研究論、教材教具の開発演習などを担当。児童・生徒の思考力育成のために授業をどのように設計するのか、そして、児童・生徒の思考力をどのように把握し、評価するのかについての研究しています。論文に『体系的な情報教育に向けた教科共通の思考スキルの検討』(教育工学会論文誌)など、関連図書に『教育目標をデザインする: 授業設計のための新しい分類体系(共訳)』(北大路書房)や『思考ツールを使う授業(分担執筆)』(さくら社)などがあります。

コラボレーションオフィス

チーフコーディネーター
日切 寛
(ひぎり ひろし)

小学校の教諭・管理職及び県・市教育委員会事務局における勤務経験を踏まえて,学生への支援,学校及び教育委員会との連携・調整に努めるとともに,実務事例を基にした授業により「学校と教育委員会の関係」「学校教育事務の実務」についての理解が深まるよう取り組んでいます。