ホーム > コース紹介(教員養成特別コース)

コース紹介(教員養成特別コース)

  • 教職実践力高度化コース
  • News Letter

コース紹介

教員養成特別コース

教科や教職などにおける実践的対応力や協働力に優れた新人教員を育成します。

学部段階で習得した基礎・基本的能力を土台に、教科や生徒指導、学級経営などの教職における 実践力を展開し、学校教育の一翼を担える資質能力を形成します。

● 教員免許を取得したばかりの人を対象とした教職大学院のコース
● 教師力の向上に資する講義プラス最長1年半にわたる教育実習やその省察による
  実践的なカリキュラム
● 研究者教員による実践研究の支援
● 経験豊かな実務家教員による充実した教員採用試験対策

対 象 学部進学者や教員免許取得社会人対象
修業年月 2年
入学定員 20名
学 位 教職修士(専門職)
必要取得
単位数
46単位以上
取得できる
教員免許状
小学校教諭専修免許状、中学校教諭専修免許状(各教科)、高等学校教諭専修免許状(各教科)、幼稚園教諭専修免許状、養護教諭専修免許状


小学校教諭免許状の取得を希望される方が、長期在学制度を活用し3年間をかけて小学校教諭専修免許状を取得するとともに、教職に関する高度な専門知識及び実践力を培い「教職修士(専門職)」の学位を取得することができる,小学校教員養成長期プログラムもあります。詳しくはこちらをご覧ください。


2年間の学びの流れ

教員養成特別コースでは、確かな教育力を培う実践を重視したカリキュラムです。

1年次

2年次



共通科目

教育課程の編成・実施に関する領域
カリキュラムマネジメントの理論と実践
教科カリキュラムの構成と理論
学習指導要領と教育課程

教科等の実践的な指導方法に関する領域
授業の理論と実践
教育評価の理論と実践
支援を要する子どもの理解と指導

生徒指導・教育相談に関する領域
生徒指導の理論と実践
教育相談の理論と実践
小中学校の生徒指導とキャリア教育

学級経営・学校経営に関する領域
学級経営の理論と実践
学校組織マネジメントの理論と実践
学級経営の実践方法論
学校の危機管理の実践と課題

学校教育と教員の在り方に関する領域
授業づくりのチーム演習



実習科目

基礎インターンシップ
総合インターンシップT
総合インターンシップU



専門科目

協働力科目群
教職員の協働と組織のマネジメント
校内研修の計画と運営
エンカウンターグループ演習

教育実践力科目群
総合的な学習の時間のカリキュラム開発
教材教具の開発演習
学校教育におけるICT活用と情報デザイン
学習者の心理と授業
学校防災教育の開発
生徒指導におけるチーム支援とコーディネート
教育相談の技法と実践
生徒指導実践事例研究
教育行政と学校経営の実務 子ども理解に基づく学級経営の実践と課題
人権教育・道徳教育の実践と課題
家庭・地域・学校の連携構築
授業実践研究T
授業実践研究U
生徒指導の国際比較演習

教科・領域専門力科目群
乳幼児から児童期の発達支援と課題
発達障害児への理解と対応
現代社会の諸課題と社会認識教育
社会系教科の授業研究
数学の専門性と教育
理科における専門性と教育

総合実践力科目群
教職基礎力開発演習T
教職基礎力開発演習U
教育実践演習 T
教育実践演習 U



履修モデル

1年次

2年次



キャンパスレポート