鳴門教育大学の教職大学院には、学部を卒業した方を対象にした「教員養成特別コース」と、主として現職の教員を対象にした「教職実践力高度化コース」の2コースがあります。複雑化する学校教育の課題に対応するためには、理論的な知識や経験はもちろですが、教師として学び続ける姿勢が大切です。
確かな実践力が身につく「教員養成特別コース」は、教壇に立つ自信がない、長期実習を経験したい、などの学部卒業生の声に応えた実習中心のカリキュラムとなっています。また、さまざまなキャリアをもつ現職教員と共に学ぶ機会も多く、身近に専門的なアドバイスを受けることができます。
教職大学院における2コースは密接に関わりあいながら、実践的対応力に優れた新人教員および、学校や地域においても指導的役割を遂行できるリーダー教員の養成を目指しています。