家庭科教育コース - 国立大学法人鳴門教育大学

コース専任教員

はやみ たかこ

速水 多佳子(家庭科教育学)

家庭科は、生活に必要な知識と技術を習得し、生活を創造する能力と実践的な態度を育てることが求められています。実生活に生かす家庭科の授業づくりを一緒に進めていきましょう。

卒論・修論のテーマ

小・中・高等学校の家庭科の授業開発に関する研究をしています。これまでの卒業生・修了生の研究テーマは以下のとおりです。

卒業論文

  • 伝統と文化を尊重する心の育成を目指した授業実践-徳島県の郷土料理『出世いも』を題材として-
  • 家庭科教育における住居領域の指導計画の提案-小・中・高等学校の教科書分析をもとにして-
  • 小学校家庭科における伝統教育に関する授業開発-お節料理を題材として-
  • 朝食に関する授業実践-摂食率の向上を目指して-
  • 家庭科における生活実践力の向上について-高校生・大学生を対象とした知識・技能の定着に関する調査から-
  • 食に関する絵本を用いた授業実践-小学生の食事マナーの改善-
  • 家庭科における実践的・体験的な活動について-大学生による家庭科学習経験の調査から-

修士論文

  • 高等学校家庭科における「消費者の権利と責任」に着目した授業開発
  • 家庭科におけるキャリア発達に関する研究-調理実習の記録から-
  • 家庭科における「命の授業」の実践的研究-生涯を見通した家計管理の必要性に着目して-
  • 家庭科における住生活領域の指導に関する実践的研究-生徒の興味・関心を引き出す授業プランの作成とその効果-
  • 消費者の自立を目指した消費者教育に関する研究-「消費者の権利と責任」に着目した授業実践を通して-

など

研究業績

小・中・高等学校の授業実践を核とした家庭科教育学の研究をしています。

最新の内容や詳細はこちら

学部

中等家庭科教育論、中等家庭科授業論、初等家庭科教育論、初等中等教科教育実践I II III、教職実践演習

大学院

家庭科教育学研究、家庭科教育学演習、教育実践フィールド研究

所属学会・社会的活動など

所属学会

日本家庭科教育学会、日本家政学会、日本建築学会、日本教科教育学会、日本教育実践学会