家庭科教育コース - 国立大学法人鳴門教育大学

コース専任教員

ふくい みちよ

福井 典代(被服学)

被服分野において、作るという従来の視点よりも消費するという視点から研究を進めています。すなわち、被服の購入、着用、評価など被服を消費科学的な側面から課題を選択して追究しています。

さらに、植物染料を用いた染色、洗濯、衣服の見え方に関する教材作成など、家庭科教育に関連した内容についても意欲的に研究に取り組んでいます。

研究テーマ

卒論・修論のテーマ

卒業研究

  • 大学生における洗剤選好の定量化ならびに市販洗濯用洗剤の表示に関する実態調査
  • 布の剛軟度の違いが体型の見え方に及ぼす影響
  • 平安時代の衣服の色彩と現代の衣服の色彩との比較
  • 節電に着目した環境教育に関する教材作成
  • 上衣の体型の見え方に及ぼす色の影響
  • 茶葉を用いた各種繊維の染色とその教材化
  • ファッションコーディネートシミュレーションを活用した衣服選択に関する授業案の作成
  • 合成洗剤のすすぎ性能に関する基礎的研究とその教材化
  • 吸湿性に関する基礎的研究とその教材化
  • 柔軟剤添加の有無による布特性の変化とその教材開発
  • 上衣の着丈の長さが体型の見え方に及ぼす影響
  • 布の紫外線遮断に及ぼす色と洗剤の影響
  • 上衣のギャザー量の違いが体型の見え方に及ぼす影響

主な研究業績

最新の内容や詳細はこちら

担当授業科目

学部

被服学概論(被服製作実習を含む。)、衣生活学、被服学実験、被服構成実習、初等家庭科教育論、初等家庭、初等中等教科教育実践Ⅱ、中等家庭科教育特論、主免教育実習事前事後指導(家庭)、教職実践演習、卒業研究

大学院

衣生活学研究、衣生活学演習、家庭科授業・教材開発研究、課題研究I、課題研究II

所属学会

日本家政学会、日本家庭科教育学会、日本科学教育学会、日本繊維製品消費科学会、日本繊維機械学会、繊維学会、日本教育実践学会

学会活動

社会的活動