鳴門教育大学
 
大学院概要 −言語系コース(英語)-
あなたの世界を広げる −英語コミュニケーション能力の育成
 
 外国人教師による英語コミュニケーションの授業や英語指導の経験豊富な日本人教員による英語専門科目の授業を通じて英語コミュニケーション能力を多面的に育成しています。
 また,授業外でもネットワーク型の自主英語学習システムによりキャンパス内にある情報端末室,また,無線LANを使用して学生自身のコンピュータからキャンパス内であればあらゆる場所で英語学習をすることが可能です。
 このような英語学習環境を通じて,TOEIC, TOEFL, 英検などの資格試験に対応できるように学生の英語学習を支援しています。


 明日の英語指導者をプロデュース −英語教育学
 
 小学校における英語教育の広まり,中学校・高校における英語教育改革,企業における社内英語教育の実施…英語は今,学校や社会において最も重視されている言語です。 このような教育的・社会的要請に対応できる英語指導者の育成を目ざしています。
 また,言語系コース(英語)に入学してくる学生は,大学学部から進学する人だけでなく,現職の小学・中学・高校教員や社会人など様々です。 したがって,本コースは,学問的・理論的な面に偏ることなく,英語教育の経験を問わず,お互いに様々な実践や経験・考えを交換・共有する場となり,刺激的な場となっています。
 英語教員の免許はもっているけれど改めて英語教育について勉強したい方,英語指導者としての転身を考えている方。英語指導のあり方を理論面・実践面から支援します。
 
 あなたは英語で何を表現しますか? −英米文学・英語学
 
 「使える英語」や「英語の資格試験」が強調される風潮の中で,社会生活における「ことば」の本来の意味や役割が見失われてはいないでしょうか。
 英米文学や英語学を通して,ことばについて,ことばと文化について,ことばと社会について,そして,ことばと人生について考え,あなた自身が英語を通して何ができるのかを考えてみませんか。
 英米文学や英語学を勉強してみたいけどきっかけがない方,学生時代に勉強した文学や語学をもう一度やってみたい方,また新分野として開拓してみたい方,あなたの人生観・ことば観を再吟味してみませんか。



大学院生からの声
   
   
   
   

工事中

修士論文
 入学後,希望する研究分野のゼミに参加し,担当教員の指導の下研究を行い,修士論文に取り組みます。
 
 過去の修士論文の情報については,下記の下記のHPをご覧ください。

  → 「学位論文要旨データベース検索」

研究環境
 院生研究室や附属図書館など,研究環境が整っています。


院生研究室


 大学院生のためには,院生研究室が設置されています。机もあり,院生が研究や議論を行う場として活用しています。


附属図書館

 附属図書館は,蔵書数約32万冊,閲覧席数186席を備えています。
 
 → 「鳴門教育大学付属図書館」HP

大学院入試

※ 大学院入試に関する詳細は,下記のHPをご確認ください。
 
  → 「大学院入学希望の皆様へ」

 過去問題は以下のページで公開しています。

  → 「大学院入試過去問題」

進路
修了後の進路について

 小学校教員、中学校英語教員、高等学校英語教員、高等工業専門学校教員、短期大学・大学教員、英会話学校講師、予備校講師、公務員、放送局、兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)進学、その他大学院博士課程進学、海外留学、等。
大学院全体の進路・就職状況についての詳細は,大学のHPをご覧ください。→大学HP

留学
 
 本学にはアメリカ合衆国,ドイツ,中国などに学術交流協定を結んでいる大学があり,一定の条件を満たせば,短期交換留学できる制度があります。多くの学生が交換留学の制度を使って,または私費により海外へ留学しています。
 詳細は,大学のHPをご覧ください。                       →大学HP


言語系コース(英語)に関するご質問等はこちらへ
Copyright(c)2008 Naruto University of Education: English Language Education. All rights reserved
.