端末室の利用

次の端末室および附属図書館において,情報基盤センターが管理するPCや,プロジェクタ,その他の機器を利用いただけます。

人文棟特殊端末室 (人文棟 1階)
自然棟特殊端末室 (自然棟 1階)
芸術棟特殊端末室A・B (芸術棟 3階)
健康棟特殊端末室 (健康棟 3階)
教育用端末室 (情報基盤センター 2階)
マルチメデイア教育実習室 (講義棟 3階)
附属図書館
Campus Mapは こちら から

端末室の利用

端末室への入室には,職員証・学生証が必要です。

利用時間

・午前7時 ~ 午後10時
人文棟特殊端末室 (人文棟 1階)
自然棟特殊端末室 (自然棟 1階)
マルチメディア教育実習室 (講義棟 3階)

・午前7時 ~ 午後10時 【平日のみ】
教育用端末室 (情報基盤センター 2階)
芸術棟特殊端末室A・B (芸術棟 3階)
健康棟特殊端末室 (健康棟 3階)

・附属図書館の開館時間
附属図書館内の端末機

(注)「夏期」及び「年末年始」の休業期間は,土・日・祝祭日と同様に利用できません。
(注)授業やセミナーにも利用されますので,その場合は他の部屋をご利用ください。
(注)マルチメディア教育実習室の利用時間は,H26年4月より,変更しております。

☆共同利用端末室(情報基盤センター 2階)は,大判プリンタの利用やICTサポート対応に利用しています。
ご利用の方は,情報基盤センター利用支援室へ声を掛けてください。 


故障などが起こったとき

機器の故障や備品の不足などは,情報基盤センター利用支援室までお知らせください。
備え付けの電話(内線:6710)
mail:support@naruto-u.ac.jp
または,直接お知らせください。

夜間や休日に障害がおこった場合には,休み明けの対応になりますのでご了承ください。


防犯カメラ

端末室には,利用者の安全の確保と環境の維持を目的とし,防犯カメラを設置しています。
防犯カメラの記録内容は,センター所長の承認により,開示されることがあります。

端末室の予約

授業・セミナー・ゼミ・学会等のために,端末室を予約して,ご利用いただけます。

現在の予約状況は, Googleカレンダー版 をご覧ください。

予約状況カレンダーについて

利用状況は,Googleカレンダーを利用し,運用をしています。

カレンダーの機能【繰り返し】を利用し入力しているため,実際の利用とは異なり,祝祭日に講義がスケジュールされています。
【集中講義・公開講座等の一部を除きます。】

予約手続き期間の情報が反映されていないことがあります。ご了承ください。

色分けは各端末室の状況を示しています。
それぞれの部屋の確認はカレンダー上部右端の「予定リスト」横の▼をクリックしてください。 
黄色:教育用端末室  緑色:マルチメディア教育実習室  橙色:自然棟特殊端末室 】

施設利用申請書

Windows端末の利用方法

端末室および附属図書館のWindows端末は,ユーザIDでログオンして利用することができます。
端末の環境は,情報基盤センターが一括して管理・運用しています。

2014年2月よりスタートした第6期情報基盤コンピュータシステムで,端末室および附属図書館のWindows端末に,ネットブート型端末とVDI(仮想デスクトップ)型端末を導入しました。
従来の端末とは仕組みが異なる,2種類のシンクライアント端末です。

Windows端末の設置状況
端末室ネットブート型VDI(仮想デスクトップ)型
教育用端末室-
マルチメディア教育実習室-
人文棟特殊端末室-
自然棟特殊端末室-
健康棟特殊端末室-
芸術棟特殊端末室A-
芸術棟特殊端末室B-
附属図書館-

利用者の認証

ログオンは,ユーザIDで行います。
ログオン時のユーザ名/パスワードには,ユーザID通知書のユーザID/パスワードを入力してください。

ネットブート型端末の利用について

point red 教育用端末室,マルチメディア教育実習室

ネットブート型のシンクライアント端末です。

端末を起動すると,サーバからPCのイメージ(OSとアプリケーション)を読み込みます。
読み込んだ後は,端末上で動作します。
起動のたびにサーバからイメージが配信されるので,端末上でのイメージの変更は破棄されます。

利用方法

従来どおり,Ctrl + Alt + Enter で,ログオンしてください。

VDI(仮想デスクトップ)型端末の利用について

point blue人文棟特殊端末室,自然棟特殊端末室,芸術棟特殊端末室A・B,健康棟特殊端末室,附属図書館

VDI(仮想デスクトップ)型のシンクライアント端末です。

端末にはハードディスクがなくデータを持ちません。
ネットワークを経由して,サーバ上にある仮想デスクトップ(OS,アプリケーション)環境を操作します。
端末は,サーバに対してキーボードやマウス等の入力情報を送り,サーバから画面情報を受け取って表示します。

処理はサーバ側で行うため,動画のような情報の多いアプリケーションは得意ではありません。
重いアプリケーションは,ネットブート型の端末をご利用ください。

利用方法

仮想デスクトップへの接続・切断の操作が必要となります。

電源ONして端末を起動 -> リモート接続アプリへサインイン -> 仮想デスクトップへログオン の手続きを行ってください。

終了する場合には,仮想デスクトップからログオフ -> 接続アプリからサインアウト -> 端末をシャットダウン を行ってください。
ログオフしないと,サーバ上に接続した状態のままになってしまいます。ご注意ください。

Mac端末の利用方法

    自然棟特殊端末室 (自然棟 1階)
    芸術棟特殊端末室A・B (芸術棟 3階)
    健康棟特殊端末室 (健康棟 3階)

利用者の認証

ログインは,ユーザIDで行います。
ログイン時のユーザ名/パスワードには,ユーザID通知書のユーザID/パスワードを入力してください。

データ保存領域

端末室のPCで「マイドキュメント」フォルダ や Z:ドライブ,「デスクトップ」に保存したデータや設定情報は,情報基盤センター内のファイルサーバに保存されます。

端末室のどのPCを利用しても,利用者ごとの環境設定・保存データは同じです。

データ保存領域の容量

1人あたり,学生500MB,教職員2GBです。

空容量が不足すると,アプリケーションを開いて編集したファイルが保存できなくなります。
重要なファイル以外は削除して空容量の確保にご協力ください。

スキャナの利用

平成26年3月より,スキャナを増設しました。

    人文棟特殊端末室 (人文棟 1階)
    自然棟特殊端末室 (自然棟 1階)
    教育用端末室
    マルチメディア教育実習室

カラー,A3対応,自動両面原稿送り装置付き

利用方法

スキャンデータを直接USBメモリへ保存して,ご利用ください。
ユーザ認証およびポイント利用はありません。

スキャナ横の マニュアル をご覧ください。

ページのトップへ