ユーザIDについて

ユーザIDは,利用者(ユーザ)を識別するための名前で,サービスを受けられる本人であることを証明するものです。
ユーザIDによって,情報基盤センターや,関連するシステムのサービスを利用することができます。

個人を認証するものですので,複数の利用者が共有したり,貸与したりすることはできません。
なくしたり,他人に不正に使われたりすることのないように,大切に管理してください。

種類と利用サービス

ユーザIDには3種類があり,それぞれ次のサービスを利用できます。

利用できるのは,本学に在籍する間です。

ユーザIDを利用するサービス
ユーザID ゲストID 無線LANゲストID
端末室PC(*1)
無線LAN
電子メール
ライブキャンパス
ポータルサイト
学習支援システム
追加○(*2)

*1. 情報基盤センターが管理する各端末室,および附属図書館の情報基盤センター端末 をいいます。
*2. 教職員のみ申請できます。

IDとパスワード

ユーザIDは,ID(ユーザ名)とパスワードで構成されます。

ID(ユーザ名)

職員番号や学籍番号と同じ文字列(半角)です。
在籍期間中,変更されることはありません。
ただし,追加申請による配布やゲストID,無線LANゲストIDについては,別途定められます。

パスワード

初期値をお渡ししますが,変更することができます。
パスワードの変更は以下のページから行ってください。
パスワード変更 UnifIDone(ユニファイドワン)

【パスワードの決め方】

パスワードの決め方は,セキュリティ上重要な問題です。
複数のサービスで同じパスワードを使わないようにしましょう。
また,氏名,電話番号,生年月日,メールアドレスなど,他人から推測されやすい文字列をパスワードにするのはよくありません。

【パスワード変更に失敗した場合】

パスワードを再発行することになりますので,申請してください。
パスワード再発行申請書
パスワード発行には日数がかかりますのでご了承ください。

【パスワードを忘れてしまった場合】

パスワードを再発行することになりますので,申請してください。
パスワード再発行申請書
パスワード発行には日数がかかりますのでご了承ください。

ユーザIDの取得

情報基盤センターが発行する「ユーザID通知書」に,ユーザIDとパスワード,メールアドレスを記載しています。
この通知書は,大切に保管してください。

学生の皆さんは,

入学時に,情報基盤センターのシステムに各個人のユーザIDおよびパスワードが登録されます。
「ユーザID通知書」を受け取ると,利用することができます。

「ユーザID通知書」は,
学部生:初回「基礎情報教育」授業受講時に配布します。
院生・科目等履修生・留学生:入学時に学生証と共に配布します。
連合大学院学生:ユーザIDが必要な方は,情報基盤センター利用支援室へお問い合わせください。


教職員の皆さんは,

採用時の書類とともに「ユーザID通知書」をお渡ししています。


学籍番号や職員番号を持たない方は,

条件に該当する方は,ゲストIDや無線LANゲストIDの配布を受けることができます。
ゲストID
無線LANゲストID

利用認定試験

入学生は,指定された期日までに,必ず利用認定試験を受けてください。

利用認定試験は, 学習支援システム(lms)moodle 情報基盤センター コース で実施しています。

moodle ログイン方法
    moodle へは,ユーザIDとパスワードでログインしてください。

ユーザIDの追加

教職員は,業務上必要なユーザIDを追加できます。
業務や学会などで,個人アカウントとは別に必要となった場合に申請してください。

ユーザID申請書
日数に余裕を持って申請してください。

ゲストID

ゲストIDは,短期間,特定の事由の利用に限り発行するIDです。
学外者の場合,担当教職員が申請してください。

・講習会の講師・受講者
・嘱託講師 など

ユーザID申請書
日数に余裕を持って申請してください。

無線LANゲストID

無線LANのみ利用可能なゲストIDです。
短期間,特定の事由のみの利用に限り発行します。
担当課,担当コースの教職員が申請してください。

・高島会館宿泊者
・講習会の講師・受講者
・短期留学生
・嘱託講師 など

無線LANゲストID申請書
日数に余裕を持って申請してください。

ページのトップへ