平成30年度 客員研究員研究プロジェクト(国内)募集のお知らせ

地域連携センターの「平成30年度客員研究員研究プロジェクト(国内)」の募集を行います。
客員研究員研究プロジェクト(国内)の応募に当たっては,国内客員研究員を指定し,研究プロジェクトとして応募していただきます。応募された研究プロジェクトについては,センター会議にて採択を決定いたします。
本プロジェクトによる共同研究の推進を計画されておられる教員は,このページの「添付」から必要な書類をダウンロードし,ご提出ください。
なお,ご質問等がございます場合には,社会連携課地域連携係(内線6102),または教育連携コーディネート分野の教員(阪根 内線6593)までお尋ねください。

1.プロジェクト・テーマ
「サテライト・システム」等を活用した教師教育及び社会教育の在り方についての研究

2.研究課題 テーマに沿って,焦点を絞り込んだ研究課題を設定してください。

3.採択件数 3件

4.採用期間 平成30年4月1日 ~ 平成31年3月31日

5.国内客員研究員
 (1) 客員研究員の年齢は,原則として任用時において65歳以下とします。
  ただし,極めて高い研究成果が期待される場合は,この限りではありません。
 (2) 徳島県教育行政または徳島県での教育実践の経験を有する者とします。 ただし,上記両方の経験がある者が望ましい。

鳴門教育大学学校教育研究紀要第32号 投稿募集

 
 「学校教育研究紀要32号」への投稿を募集します。詳細は,別添ファイルをご参照ください。

(1)投稿申込締切    平成29年6月23日(金)
(2)投稿原稿受付締切  平成29年8月25日(金)
(3)初稿校正締切    平成29年10月中旬頃
(4)紀要発行予定    平成30年1月下旬頃
※例年よりスケジュールがはやくなっております。ご注意ください。

【バックナンバーについて】
 鳴門教育大学地域連携センターでは,地域連携センターの客員研究員研究プロジェクトの研究成果,同センターの活動として行う研究等の成果を公表するため,年一回紀要を発行しています。
 
バックナンバー(外部サイト)

 上記の文字をクリックすると,バックナンバー(研究紀要第28号~)がご覧いただけます。

あわ教育ネットワーク通信 第24号の発行について

あわ教育ネットワーク通信第24号を発行いたしました.ぜひご一読ください.

【目 次】
「学び続ける教員」のススメ ―教育改革の流れの中で―
   北島孝昭(大学院科目等履修生/前北島町教育長)

家庭学習・サテライト研修事業に関わって
   森 篤之(地域連携センター客員研究員)

家庭学習・サテライト研修事業に関わって
   長江徹子(地域連携センター客員研究員)

授業力向上研修会 ―徳教研と鳴門教育大学との共同研究―が開催されます

1 目的 
徳島県内で授業実践において定評ある教員の授業を、鳴門教育大学のサテライト設備を活用して、県内教職員対象の「授業力向上研修会」として共同企画し、模擬授業等を通して、県内教職員や学生等の授業力の向上を図る。

2 日時 平成28年11月12日(土)14:00から16:30(受付13:30)

3 会場 主会場 鳴門教育大学地域連携センター2階 教授スキル演習室
     副会場       同          教員交流室
     美馬会場 美馬市役所サテライト研修室(つながルーム美馬)

4 対象 徳島県内の教職員及び教育関係者、学生

5 テーマ 理科授業力講座(小学校理科の授業研究)
   (理科の授業をどう取り組めばいいか、模擬授業を通して、研修します)

*詳しくは別紙を参照ください。

所長のWebページを新設しました。

所長のページは以下のとおりです。予定表などが閲覧できます。
なお、家庭学習ノートなどのダウンロードも可能です。
http://www.geocities.jp/kagawaschool/index.htm

センター所長就任挨拶

2016年度から、センター所長に就任しました阪根です。地域連携は、これからの大学運営で重要な施策です。特に昨年度から、サテライトを設置し、、徳島県の教育力向上の一翼を担うために、尽力しているところです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

鳴門教育大学地域連携センターは,大学と地域の学校や教育機関との連携に基づき活動を行っています.

コンテンツ配信