多様な教職実践プログラム

教職実践プログラムは、特定のテーマについて指定科目等を受講することで、学校現場の現代的な課題に対応できる力量や、新制度をリードできる力量を身に付けるプログラムです。先生とこどもたち

 

 

学校マネジメント力プログラム

今後、学校現場においては、管理職の大幅な入れ替わりが予想されること並びに、これからの学校教育の活性化のためには、単に経験主義的な学校経営では限界があることが指摘されています。
「学校マネジメント力プログラム」では、管理職になるために必要なスキルを付与することにより、校長、教頭、指導主事等、教育界の指導者となる優秀な管理職養成を目指します。
学校の管理職や教育行政担当者として、今後の学校づくりを推進する人たちのための総合的なのリーダーシップ養成プログラムといえます。

 

 

生徒指導力プログラム

生徒指導は、学習指導とともに学校教育における要となる指導です。近年、いじめ・不登校・学級崩壊などが社会問題化する中で、これらの課題に対応する教師力の育成が求められています。
「生徒指導力プログラム」では、生徒指導(規律指導・教育相談等)に関する理論と実践を学ぶことにより、児童生徒理解と支援・指導に係る実践力育成を目指します。
このプログラムを通して、狭義の生徒指導School Guidanceと教育相談 School Counselingを統合した能力・スキルを獲得し、学校現場において、一人一人の児童生徒の個性の伸長を図りながら社会的資質や自己指導能力を高める教育活動を展開するための生徒指導力を身に付けることができます。

 

 

教科指導実践力プログラム

教師の指導力の中核は、各教科における授業実践力であるといえます。各都道府県教育委員会では、養成や研修の一環として教科指導実践力の向上が期待されています。
「教科指導実践力プログラム」では、教科領域等に係る知識・技能の向上に資するため、教科指導実践に関する理論と実践を学ぶことにより、授業改善のための実践力育成を目指します。
それぞれの校種の児童生徒に対応した授業実践力の基盤となる教科理論と授業実践の方略を学ぶことができ、学校教育の中心課題である授業実践力を向上させ、学力を伸ばす授業ができる力量を身に付けることができます。

 

 

小中一貫教育プログラム

小中一貫教育は我が国の教育体制をさらに強化するための国家プロジェクトとして動き始めています。しかし、それぞれの学校種の指導の実態や教科の実態を知る機会は非常に乏しい現状です。
「小中一貫教育プログラム」では、子どもの心身の発達の変化や少子化を見通して、導入が予定されている「小中一貫教育」に係る、児童生徒を総合的に捉える視点をもった人材育成を目指します。

このプログラムを通して、学校種や教科を超えた学校教育の重要性を理解し、その実践ができる力量を身に付けることができます。


  

 

こどもたち先生

お問い合わせ

経営企画部企画課
企画広報係
電話:088-687-6012
ファクシミリ:088-687-6108